明鏡止水

全て 名詞
50 の例文 (0.01 秒)
  • 小さい仕事を片付け、雑事を整理し、失念していることがないかをノートの予定表や壁に貼ったメモで改めて確かめ、何もない、小説の第一行を書き始める以外にお前のやることは何もないとなった状態、夾雑物皆無の状態、明鏡止水の状態、実はこうなったときが一番恐ろしい。 ...
  • ギアナ高地でのシャイニングガンダムとの戦いでは、ドモンが明鏡止水を会得したことで敗北を喫する。 ...
  • 明鏡止水の境地に達していた。 ...
  • 僕のこの日の心境は、言うなれば明鏡止水だった。 ...
  • インポテンツとはっきり思いさだめてしまえば、それはそれで明鏡止水の境地だろうけど、ふりみふらずみどっちつかずの時が、いちばんお互いさま困るだろう。 ...
  • ギアナ高地では精神的に未熟だったドモンの成長を促し、明鏡止水の境地を体得させた。 ...
  • 傷ついた彼を見たドモンは遂に明鏡止水を会得する。 ...
  • ドモンがギアナ高地での修行で「明鏡止水」の境地に辿り着いたことにより、怒りでなくてもスーパーモードの発動が可能となった上、明鏡止水によるスーパーモード時は機体色とドモンは金色に変化するようになった。 ...
  • 私の心境は明鏡止水である。 ...
  • さらにガンダムファイターのドモン・カッシュがギアナ高地での修行で体得した明鏡止水の境地によってスーパーモードを任意で使用可能となり、シャイニングガンダムの機体性能を凌駕したことから、ゴッドガンダムではより強力な「ハイパーモード」へと移行可能としている。 ...
  • 以降、怒りで発動するスーパーモードは「怒りのスーパーモード」明鏡止水で発動するスーパーモードは「真のスーパーモード」と呼ばれるようになった。 ...
  • 剣客がおのが視覚に惑わされぬために敢えて目隠しして静謐せいひつに構えているような、多分にはったりめいた、明鏡止水めいきようしすいの境にある、ように見えないこともない。 ...
  • とはいえ、そこは大人物の内閣で、右から左へ曲るぐらいにこだわる量見はないのですから、光風霽月と申しますか、水従方円器と申しますか、明鏡止水の心境です。 ...
  • 「阿部さん、あなたはどうします」 「僕はね、歩いて捜しまわるというのが、いっこうに苦手なもんですから、部屋へ帰って明鏡止水の心境になって、そうして何とか考えだします」 これもたしかに一法であった。 ...
  • その後も流派東方不敗を駆使し、ドモン達の前に幾度となく壁として立ちはだかるが、ギアナ高地での戦いでデビルガンダムと共にドモンに襲いかかった際には明鏡止水の境地に達したドモンによってデビルガンダムを中破させられ、自身も大きな痛手を負わされて退けられてしまった。 ...
  • クザクはとっさに自らの精神を“明鏡止水ミズカガミ”と化した。 ...
  • とはいへ、そこは大人物の内閣で、右から左へ曲るぐらゐにこだはる量見はないのですから、光風霽月せいげつと申しますか、水従方円器と申しますか、明鏡止水の心境です。 ...
  • 次へ