日歩

44 の例文 (0.01 秒)
  • 近頃ぢや、仲間の連中に五十銭一円と日歩の金を貸し附けてゐるんだぜ。 ...
  • まだわたしは原始時代の無数の痕跡のなかで迷ひ歩いてゐるやうだつた。 ...
  • 日歩二十銭で二十万円借りたから、一ヵ月の利息は一万二千円になる。 ...
  • その上すこしも眼が見えませんので、どこといふあてもなくさまよひ歩るきました。 ...
  • 二三日前、俺は、ここの渓へ下りて、石の上を伝ひ歩きしてゐた。 ...
  • 日歩ひぶ五銭ぐらいを呉れるつもりで会ってやるんだ。 ...
  • 今度の金利は日歩三十銭で月九分である。 ...
  • 高利の日歩を取立てるために、毎日のように執達吏が棟方の家へやって来た。 ...
  • おまえさんは日歩ひぶとか保険料とかいうものを、まるっきり知らねえようだね。 ...
  • ある日ブルージュの造船所で、二人の作業員が一休みしていたときのことである。 ...
  • 一日も欠かさず毎日ブログを更新していたが、2008年1月25日付で終了した。 ...
  • 当時は、かやうなものが幾つとなく、彷ひ歩いてゐた。
  • 二晩は野宿、そして二日間といふもの一歩も家へは這入れずに彷徨さまよひ歩いたのです。 ...
  • 但し日歩は十銭がぎりぎりだ、というような商談だけがしるされてありました。 ...
  • 自分にもあゝして、使ひ歩きする用事があつて呉れればいゝと思つた。 ...
  • 後で分ったことだが、母が日歩の金なんかを内々廻すようになったのも、私が少し学校が出来るものだから、私だけには立派に学問をさせたいという腹もあったらしい。 ...
  • 人 つれ を見るのは三日ぶ。 ...
  • ある日ブリスはリリィに、何もかも捨てて一緒にパリに行こうと話を持ちかける。 ...
  • もっとも、日歩五銭の利息をつけるといってね。 ...
  • またこれによって、望月氏が常に日歩十五銭もの金を使って仕事していることを知り、ああ彼はこの高利のために生命を縮めるのではないかと歎息したが、果たして氏はついに病いに倒れた。 ...
  • なんて事あ無え、日歩二割ぢや無えか! ...
  • 誘はれるやうに家を出たKと私は、乳色に柔かくぼかされた夜の街を何處ともなく彷徨ひ歩いた。 ...
  • 彼はもう全然勉強はしなかった、学校の講義にも欠席がちで、毎日ぶら〓〓と市中を徘徊していた。 ...
  • 邦彦は日歩二銭六厘で融通手形を銀行で割り引いてもらった。 ...
  • 兎角する内に夕方も近づいて來る、その間、私は飢ゑさらばふ喪家さうかの犬のやうに彷徨さまよひ歩いてゐた。 ...
  • 日歩は払ふと金主に約束して金主をも待たすことにした。 ...
  • 彼等は手数料を含めた日歩二十銭で喜んで割引いた。 ...
  • 江戸川乱歩は、城を「彼は人生の怪奇を宝石のやうに拾ひ歩く詩人である」と評している。 ...
  • 次のページ

日歩の使われ方