日本語学者

全て 名詞
101 の例文 (0.00 秒)
  • その表記は当時のロシアの日本語学者の中で人気であった。 ...
  • 以下、第二次世界大戦後に至るまで、重要な役割を果たした主な日本語学者を挙げる。 ...
  • このことから、日本語学者の間では形容動詞を単一の品詞として扱うべきではないとの意見が昔からある。 ...
  • しかし民間や文学者、日本語学者からの反対意見も強く、改革は行われないでいた。 ...
  • また日本語学者の寺村秀夫も自著では「名容詞」という用語を用いている。
  • ドリスコルが日本語学者に調査を依頼したところ、当初その学者はこれが日本語の苗字ではないかと指摘したものの、ドリスコルは同意しなかった。 ...
  • これに気がついたのは、三上章という日本語学者兼数学者です。 ...
  • 翌2005年から2006年にかけては、テレビでも日本語をテーマとした番組が多く放送され、大半の番組で日本語学者がコメンテーターや監修に迎えられた。
  • 日本語学者としてテレビに出演。
  • 日本語学者の屋名池誠の調査によれば、日本で出版物に横書きが現れるのは、18世紀後半に蘭学が紹介されてからのことである。 ...
  • そのことから日本語学者の萩原義雄は、「馬鹿は風邪を引かない」もその頃に一般に認知された可能性が高いとの考えを述べている。 ...
  • 日本語学者の北里闌は、阿比留草文字とフィリピン文字には類似した形と発音の文字があり、同系統ではないかと主張している。 ...
  • これについて日本語学者の北原保雄は、誤用の代表例として文化庁の世論調査やテレビなどで取り扱われた結果、学習が進んだのだろうかと推測している。
  • これについて日本語学者の小松英雄は、日本語を反証と見なさざるを得ないが、法則に違背しない解釈も可能としている。 ...
  • 作家の藤井青銅も変体少女文字の雰囲気を携帯電話で再現したものと指摘しており、日本語学者の笹原宏之も変体少女文字に後続する長体文字をJISコード内で再現しようとした試みがギャル文字といえるとしている。 ...
  • 一般社会では往々にして憂慮される現象だが、日本語学者の間には「言語は変化するのが当然であり、乱れでなく「変化」である」という意見が多くみられる。 ...
  • 日本語学者とは、日本語学を専攻する研究者のこと。 ...
  • 次へ