日本語ワードプロセッサー

23 の例文 (0.00 秒)
  • 日本語ワードプロセッサーが最大の市場規模を持っていることは明らかだったが、ここにはすでに管理工学研究所のヒット商品があった。 ...
  • 古川は日本語ワードプロセッサーを書いている別のソフトハウスをあたってみたが、話に乗ろうとするところは皆無だった。
  • さらにもう一方で彼らは、日本語ワードプロセッサーと同じ時期から八ビットのパーソナルコンピューターの開発に着手していた。 ...
  • 話題を集めがちな日本語ワードプロセッサーにしても、首都圏でごく一部売れているにすぎないという事実に、松田は日本ソフトバンクの日々の業務を通じて向き合っていた。 ...
  • カセットテープを供給媒体としてゲームが普及していったあと、少しずつ書きはじめられていた日本語ワードプロセッサーや一部の業務用ソフトは、ドライブの管理機能を付け加えたディスクベーシックによって供給されていた。 ...
  • パーソナルコンピューターとしての機能に加え、日本語ワードプロセッサーと大型の端末としても利用できる一台三役を謳い文句に、オフィス用の高価格マシンとして5550を軌道に乗せた日本IBMは、次に狙いを定めた家庭市場では一転してPCシリーズとの互換路線を選んだ。 ...
  • 一九八四年十二月に出荷を開始した日本語ワードプロセッサー、ダイナデスクは、あくまで理想を追おうとする彼らの志を集中して表現した製品だった。 ...
  • 三菱電機は自らの手で日本語ワードプロセッサーを開発したほか、自社のオフィスコンピューターで使われてきたさまざまなアプリケーションを移植して豊富なソフトウエアのリストを誇示した。
  • ロジック・システムズの日本語処理システムの開発を進めていたこの年の夏、浮川たちはパーソナルコンピューター用の日本語ワードプロセッサーを開発し、全国区への飛躍の足がかりとしようと決意した。 ...
  • 日本語を使う当人が必要に迫られて懸命に知恵を絞った見返りに、日本語ワードプロセッサーは日本オリジナルが幅を利かせる結果となった。 ...
  • そしてこれまた日本語ワードプロセッサーが巻き散らす同音異義語の誤用の嵐にも、原因を作ったコンピューターが決着を付けるべきだろう。 ...
  • この方式の和文タイプライターで1920年代には政府公文書の多くが作成されるようになり、1980年代に日本語ワードプロセッサーが普及するまで官公庁や企業・教育機関などで使用され、日本における書類作成事務効率化に大きな役割を果たした。
  • 一九七七年十月から、ミニコンピューターをベースに試作機の開発に着手した日本語ワードプロセッサーの専用機は、一九七九年二月には他社に先駆けて発売できた。 ...
  • 日本語ワードプロセッサーのメーカーにとって、製品の優劣を分けるがゆえに全力で機能の向上に努める変換モジュールを、他社のアプリケーションで利用できるようにすることには抵抗感もあった。 ...
  • そこに持ち込まれた、TRONにGUI日本語ワードプロセッサーを書くというプランは、笹渕がアスキーでやりたいと考えていたことに、きれいに重なり合っていた。 ...
  • 街の灯の数だけ使われる日本語ワードプロセッサーを作りたいという浮川和宣の夢を、ジャストシステムが一太郎で達成する一方で、ダイナウェアは夜空に輝いて彼らに進むべき道を指し示すダイナブックのイメージをひたすら追い続けた。 ...
  • 日本語ワードプロセッサーである。 ...
  • 次へ