日本語で喋舌

5 の例文 (0.00 秒)
  • 女史は急に日本語で喋舌しやべり出した。 ...
  • 白々と肥満した恰好から、切れ目の長い一重瞼ひとえまぶたまで縦から見ても横から見ても支那人としか思えなかったが、その前にツカツカと近づいた今の人相の悪い紳士がうやうやしく一礼すると、その支那人風の巨漢おおおとこは鮮やかなドッシリした日本語で喋舌しゃべり出した。 ...
  • 娘たちは、笑い笑い日本語で喋舌しゃべり、時々「オー、アツイ、アツイ」と叫ぶ。 ...
  • 私たちが一隅の卓で殻つきの牡蠣かきを食っていると、うさぎの耳のようにケープのえりを立てた、美しい、小柄な、仏蘭西女らしいのが店先きにつと現われて、ボオイをつかまえ、大事そうに両手でかかえている風呂敷包を示しながら、何やら片言まじりの日本語で喋舌しゃべっている。 ...
  • 私たちが一隅の卓で殼つきの牡蠣を食つてゐると、兎の耳のやうにケープの襟を立てた、美しい、小柄な、佛蘭西女らしいのが店先きにつと現はれて、ボオイをつかまへ、大事さうに兩手でかかへてゐる風呂敷包を示しながら、何やら片言まじりの日本語で喋舌つてゐる。 ...