日本語

全て 名詞
29,916 の例文 (0.03 秒)
  • そして日本語においてもかつてそれに類似した語があったものの様である。 ...
  • それは一面に純なる生きた日本語の発展を妨げたともいい得るであろう。 ...
  • 日本語が分らないという理由で、防空訓練にも参加したことがなかった。 ...
  • この考えかたは日本語の空間的構成においてもまた可能と思われる。 ...
  • しかし彼と話をしているうちに日本語が分らなくなると英語でしゃべった。 ...
  • たとえば日本語を習うには日本の生活を多少研究する必要があります。 ...
  • 私が日本語を話すのを発見したときの子供たちの驚きようといったらなかった。 ...
  • 実を言うと私は、日本語の時間には、まことに堪え難い瞬間があるのだ。 ...
  • 英語を書くことを学んでいる者は、英語の方を日本語よりも佳しとする。 ...
  • 張さんは採木公司の社員として勤務し、日本語で歌や詩を作る人である。 ...
  • 同様の手段で他の段を日本語化する手がかりは完全にないのである。 ...
  • ラジオを日本語に改めても、実力によつて戦ひとつたことにはならぬ。 ...
  • 彼は典型的なアイヌの顔をしていて、日本語を流暢に話すことが出来る。 ...
  • 其れ等の思ひを遺憾なく云ひあらはした日本語の歌があるかどうかと考へた。 ...
  • いくらかでも日本語を忘れずにいたのが不思議なくらいでした。 ...
  • そこへ来ると宝塚の少女歌劇は立派に日本語を日本語として歌っています。 ...
  • その真精神にそむくばかりでなく、日本語としても生きないからである。 ...
  • 次へ