日本棋院所属棋士

10 の例文 (0.00 秒)
  • 呉が日本棋院所属棋士ではないために可能だった提案である。 ...
  • 第7回までは出場できたのは日本棋院所属棋士のみである。 ...
  • 東京新聞が1956年に朝刊を発行したことを期に、日本棋院所属棋士による棋戦として開始。 ...
  • しかし日本棋院との緊張関係が緩和に向かった上、独立によって日本棋院所属棋士との対局機会が減少したこともあり、所属棋士の活躍は次第に目立たなくなった。 ...
  • 下記は日本棋院所属棋士のみを対象にした集計であり、関西棋院所属の棋士は集計に含まれていない。 ...
  • ヨーロッパ出身の日本棋院所属棋士の誕生は、ハンス・ピーチ以来19年ぶり。 ...
  • 所属棋士が各種タイトル戦に参加する場合、まず3段階の院内予選を行ない、その勝者が日本棋院所属棋士と混合の最終予選に出場することが多い。 ...
  • Over40早碁トーナメント戦は、囲碁の40歳以上の日本棋院所属棋士による棋戦。
  • これまでの最年少入段記録の趙治勲の11歳9か月・女流では謝依旻の14歳4か月 を更新し、当時の日本棋院所属棋士のプロ入り最年少記録を樹立。