日光参詣

22 の例文 (0.00 秒)
  • 元和年間には大沢御殿が建造され徳川将軍家の日光参詣に際し宿泊所として使用された。 ...
  • 大名の日光参詣の際や、善光寺の開帳中には臨時に板橋の仮橋が架けられた。 ...
  • 徳川吉宗が日光参詣した折、この地蔵が白幕で覆われているのを見て、後は白幕で覆わないよう命じ、この地蔵堂の後ろで朝鮮人参を育てさせたという。 ...
  • この年には江戸に来訪した朝鮮通信使が対馬藩主・宗氏の要請で日光参詣を行っており、将軍家の政治的威光にも利用されている。 ...
  • 日光参詣などで、交通量の増加から、千住宿から越谷宿の中間に宿駅設置の願いが出された。 ...
  • 行事の際の防火令としては、将軍の日光参詣・内親王下向・朝鮮通信使来日などの際に、警備と防火体制の強化を命じた町触が出された。 ...
  • 寛永11年家光の上洛や、同13年の日光参詣に扈従している。 ...
  • また、勅使馳走職として勅使の日光参詣に従ったり、朝鮮通信使を江戸接待役として江戸本誓寺にて接待するなど接待役としても活躍した。 ...
  • 天狗党の藤田小四郎は山陵奉行などで尊王が強い戸田家を味方にしようとしたが、中老の県勇記が巧みな交渉を行って協力を拒否、天狗党の日光参詣を認めるという条件で穏便に処理した。 ...
  • このうち、岩槻町が唯一の城下町であり、またこの岩槻町と大門宿が、将軍の日光参詣や岩槻藩の参勤交代の経路として用いられた日光御成街道の宿場町である。 ...
  • また、天保13年には老中・水野忠邦が将軍徳川家慶による日光参詣を67年ぶりに企図し、同年4月13日から4月21日にかけて実施された。 ...
  • もともと鉢石村という村落があったが、元和3年に徳川家康を日光山に祀り日光参詣が盛んとなると日光東照宮の門前町として大いに栄えた。 ...
  • 大田南畝の随筆『奴凧』に、安永6年に日光参詣の道中で食べた「五荷棒」と比べ、今年もらった秩父の「五かぼう」は形が大きくおこし米でできている、という記述があるように、江戸時代より北関東の各地で同名異字の五家宝が作られており、製法も時代や地方によって様々なものがあった。 ...
  • 文政6年8月22日、日光参詣往復目付を務め、文政9年6月4日に大坂目付代となる。 ...
  • 享保13年4月1日、将軍徳川吉宗の日光参詣の警衛にあたる。 ...
  • 寛永13年4月に家光が日光参詣に赴いた際、信綱は江戸に留まって江戸城普請監督を務め、12月の朝鮮通信使の日光参詣では惣奉行として随行した。 ...
  • 寛文3年、将軍徳川家綱の日光参詣の警護にあたる。 ...
  • 次へ