既視感

全て 名詞
333 の例文 (0.01 秒)
  • その行為に既視感を覚えながらも、目の前の疑問を解消するために走る。 ...
  • 町を歩くカイトは、まるでそこに住んでいたかのような既視感を覚える。 ...
  • ぼくは歩きながら、しかしそのとき、奇妙な既視感を味わっていたのだ。 ...
  • それは確信というより既視感デジャヴュをもって見る現実の光景だったのだ。 ...
  • 色々な意味で既視感きしかんのある声が俺たちの耳に飛び込んできたのである。
  • でもなんだか見覚え、いや既視感きしかんがあるような どこかで会ったかな。 ...
  • しかも、この既視感のようなものは、今もなお、毎日のように感じている。
  • それ故、ほとんどの観客はそのディストピア描写に既視感を抱いてしまう。
  • いまの既視感なんかよりも、もっと深刻しんこくな状態になったはずです。 ...
  • その美しい山と、青々と草の生い繁った谷とに、ぼくは既視感デジャ・ビュをおぼえた。 ...
  • しかし、私は勝手に既視感めいたものを感じて、心の中で首をひねった。 ...
  • あの光景を目にしたときの既視感はそれによるものだ。 ...
  • 目を細めくちびるゆるませるおさえめな笑顔が、俺に底知れない既視きし感を覚えさせる。 ...
  • しかし、同作の魅力は既視感を覚えるストーリーのせいで損なわれている。
  • そして、これまで何度も体験した、あの、瞬間的な既視感デジャ・ヴュがかれを襲った。 ...
  • 竜介はというと、その彼の顔を見たとたん、いわゆる既視感デジャブにおそわれた。 ...
  • 既視感の経験は何度かあるが、安藤はこれほど長く感覚を持続させたことはない。 ...
  • 次へ