新法度

4 の例文 (0.00 秒)
  • 政勝の最大の功績は領土拡大よりも有名な分国法である『結城氏新法度』を制定したことにあった。 ...
  • 竜雲寺は分国内曹洞宗派の僧録所となり、僧録司となった北高は元亀元年には宗派統制を目的に定められた曹洞宗新法度の制定にも携わっている。 ...
  • その子・政勝の時代には小山氏に子・高朝を送り同盟関係を強化し、晩年には分国法の「結城氏新法度」を制定するなど政治的・軍事的基盤を固め、勢威を常陸や下野にまで伸ばして、再びの最盛期を築き上げた。 ...
  • しかし、有光友学は仮名交じり文であるから、今川仮名目録の制定に寿桂尼が関わったとする考えには「相良氏法度」「塵芥集」「結城氏新法度」など多くの分国法も仮名交じり文であるから一概には言えないとする。 ...