新手の軍勢

9 の例文 (0.00 秒)
  • 一塁が落ちるとすぐそこを拠点として新手の軍勢が、注ぎこまれた。 ...
  • しかしその推測が正しいなら、セレウコアが新手の軍勢を出したのは無駄どころか逆効果になりかねない。
  • 攻めあぐねた天皇方は新手の軍勢として頼政・重成・信兼を投入するとともに、義朝の献策を入れて白河北殿の西隣にある藤原家成邸に火を放った。 ...
  • 兵庫助は今だと一気に相手を押しつぶそうと下知しようとした瞬間、真っ黒になって右手から押し寄せてくる新手の軍勢が目に入った。 ...
  • 苦々しげにうめくフェルナンドの目に、丘を越えて押し寄せる新手の軍勢ぐんぜいが、はっきりと見え始めている。 ...
  • 新手の軍勢の上げる轟きが七五三兵衛の耳に届いたのは、岩太が、 「旦那、銛ほいほい投げて沼間に花持たせてるだけやんけ」 と、ぼやきつつ、銛を手渡していた頃である。 ...
  • そのため、吉良氏、高氏、上杉氏、石堂氏の軍6千余騎が湊川の東に駆けつけて後方を遮断しようとしたため、正成は正季ともに引き返して新手の軍勢に立ち向かった。 ...
  • 南朝軍もこれに応じて河内国槇尾山から新手の軍勢を発し、付近の北朝の居城土丸城からの補足を振り切り、2月6日、西北の春木谷で北朝の武将土田九郎・淡輪助重らと交戦した。 ...