新手の船団

4 の例文 (0.00 秒)
  • 難波海に入るなり横腹を見せながら南下を始めた新手あらての船団に、 「あの五十艘はおとりだったか」 と沼間任世は大声で喚いた。 ...
  • それでも次郎だけはおさまらず、 「お父、どないすんねん」 と、ますます顔を赤くしたが、 「決まってら」 七五三兵衛は息子に向かって片眉を上げ、新手の船団を睨んだ。 ...
  • 安宅の船首に立ち、行く手に迫る新手の船団を見詰めていた。 ...
  • あわや総崩れかと見えたゴミ舟陣が、ぱっといきなり二手ふたてに分かれ、背後に潜んでいた新手あらての船団を、 「こなくそッ」 ぱにっくヽヽヽヽを起こしたくじらの大群さながら、猛然と前面に押し出して来たのだ。 ...