新手の敵

49 の例文 (0.00 秒)
  • この新手あらての敵が決して摩訶まか不思議なものではないことはもう明らかだった。 ...
  • 新手あらての敵と戦おうとして向き直った私は、かなり気が軽くなっていた。 ...
  • こちらがまもなく新手の敵に襲われることがわかると、たちまち攻撃を再開してきた。 ...
  • また新手の敵がくるやも知れぬゆえ、その前に場所を移して、ちょっと相談するとしよう。
  • ところが、またまた、その途中で測らざる新手の敵に遭遇してしまった。 ...
  • 彼女は新手の敵からの攻撃こうげきを事前に見越みこしていたのだ。 ...
  • しかしそうして江岸へ出るや、また新手の敵に出会った。 ...
  • 長い不死身の列の背後の高台から、新手の敵がどっとおし寄せてきた。 ...
  • 彼の作戦どおり、逃げ走って行ったが、そこには、待ち伏せていた新手の敵があった。 ...
  • ドラミンが、新手の敵が到着するなどという事は絶対にあり得ないと信じていたことは確かだ。 ...
  • 俺達や取り残されて逃げ道を探そうとしたんだが、前からも新手の敵がやって来やがった。 ...
  • われわれが新手あらての敵を迎えるのが間近いことを知るや、ただちに攻撃を再開したからである。 ...
  • 今後、皇帝の密使は、どのような新手の敵に遭遇するのだろうか? ...
  • 新手の敵を前にして、連隊は残っていた弾丸を使いきった。 ...
  • だが、その新手の敵の間で混乱が起きていた。 ...
  • 新手のてきの集中砲火を雨あられと浴びながら、彼女が悪態あくたいをついた。 ...
  • 風になびく林のごとく、刀槍とうそうをふりかざした、おびただしい新手の敵であった。 ...
  • 次へ