新手の勢

8 の例文 (0.00 秒)
  • 新手のぜいは、やりをもっていました。 ...
  • 瀬兵衛の兵も、盛政の新手の勢の為に残り少なくなって居る処に、退き口である麓の小屋小屋に火の手が挙った。 ...
  • 冷泉華子を真ん中にし、南部集五郎を先頭に立てた、一ツ橋家の新手の勢で、その数およそ三十人もあろうか、逃げ込もうとする味方の勢を、押し返すようにして現われたのである。 ...
  • 味方のこの新手あらての勢と、敵の戸神山とがみやまから来た勢とのために、戦闘はさらに新しい勢いをもって活溌かつぱつになったが、それでも武田たけだ本陣ほんじんは小ゆるぎもするけはいがない。 ...
  • 「また、彼奴に騙されていたのだ」 聞くや否、張〓はすぐ新手の勢をもって、孔明のあとを急追してみたが、時すでに甚だ遅かった。 ...
  • 大内、厚東こうとうの新手のせいも参着したよし。 ...
  • つかれはてたピーター軍が、かんこの声をあげ、新手あらての勢がこれにこたえて、どっとおめきますと、敵軍は悲鳴をあげ、なにやらわめき、そのために敵味方たがいの声が森にこだまして、大地をゆるがすばかりでした。 ...