新手の兵

9 の例文 (0.00 秒)
  • 鋭気にみちた新手あらての兵をもつ邀撃ようげきすれば必ず勝てると、目算したのであった。 ...
  • 韓浩は、夏侯尚とともに新手の兵を率い、陣を構えて敵を待った。 ...
  • しかし寄手も進撃する都度に、新手の兵を送らねばならなかった。 ...
  • あとから大塚の新手の兵どもが二、三十人、鉄砲をもって追ってくる。 ...
  • 孔明から新手の兵が追加された。 ...
  • 今や、新手の兵を江戸に入れ、断乎叛乱分子を討つほかはない。 ...
  • かように武勇に守られたわが正義の軍が 逃げ足の速い敵の土民兵どもを追いちらしたそのとき、 それまでひそかに機をうかがいおったノールウェー王が 新鋭の武器と新手の兵とをもって、 突如わが軍におそいかかりました。 ...
  • そこで、りぬいて壮強な兵三百騎をひきいて、新たな突撃にかかったが、武田たけだの本陣はこちらのその心を見抜いているのであろう、かわらない金鼓きんこの合図によって、兵をくり出しくりひき、入れかえ入れかえ、新手あらての兵をもってあしらって寄せつけないのである。 ...