新作委嘱

8 の例文 (0.00 秒)
  • 現在は有村祐輔の下で指導を受け、西洋古典をメインのレパートリーとしているほか、日本人作曲家への新作委嘱も行っている。 ...
  • 上記のうちいくつかの契約は延期してもらうことになったが、この時新たに接近してきたフィレンツェ・ペルゴラ劇場の1847年カーニヴァル・シーズンの新作委嘱を承諾してしまった。 ...
  • また、新作委嘱や、教科書・教材等の模範演奏録音なども数多い。 ...
  • 毎年異なった編成や様々な時代、様々な演奏家たちによる多彩な音楽志向で行うという全国コンサート「岩崎淑ミュージック・イン・スタイル」が1979年から現在まで続けられており、日本における超ベテラン陣と共に、期待の新人演奏家を織り交ぜ、更に、特別な年以外は基本的に新作委嘱と初演を行っている。 ...
  • 受賞者には翌年の秋吉台のための新作委嘱と、ダルムシュタット夏季現代音楽講習会への招待の特典があった。 ...
  • 入賞者、受賞者には規定の賞金が与えられ、賞によっては副賞として、楽譜、CDなどの出版、再演、放送、新作委嘱、海外の音楽祭への招待などが約束される。 ...
  • また、後に続く卒業試験曲の新作委嘱をクラリネット科において始めた教授でもあり、1897年から退任までの4年間で、シャルル=マリー・ヴィドール、アンドレ・メサジェ、オーギュスタ・オルメスに作品を委嘱し、メサジェを除いた3人からは公式に作品を献呈されてもいる。 ...