新しい普請

9 の例文 (0.00 秒)
  • ゴタゴタした土間の代りに、新しい普請の二部屋が出来ていた。 ...
  • 岡田の髪の毛は想像した通り薄くなっていたが、住居すまいは思ったよりもさっぱりした新しい普請ふしんであった。 ...
  • それ以来、新しい普請の杉香を嗅ぐ度に、私は静世さんのことを思い出すのである。 ...
  • ただ、新しい普請から発散する杉香だけが、私の鼻をくすぐっていた。 ...
  • 新しい普請の出来上った三条の屋形では、古い池と共に焼け残った藤が、今年はどういうものか、例年になく見事な花をつけた。 ...
  • 新しい普請が減り、商家の開業もほとんどなくなったいま、毎日の米味噌代にも事欠く職人が多かった。 ...
  • 新しい普請であった。 ...
  • 実際、松姫が入内して住む女御御所にしても、二年がかりで幕府が造営したものだし、内裏の修復や新しい普請などにも、幕府の命令で諸大名がその資金をたてまつっている。 ...