斯道の大家

7 の例文 (0.00 秒)
  • そこには甘蠅かんよう老師とて古今を曠しうする斯道の大家がをられる筈。 ...
  • そこには甘蠅かんよう老師とて古今ここんむなしゅうする斯道しどうの大家がおられるはず。 ...
  • わしは斯道の大家だとね。 ...
  • 痩せた大男で、凝った服装をしているが、斯道しどうの大家らしく、そのキャノン突きなどは並居るものどもの賞讃の的になっているようだ。
  • それだけに性欲もたくましく、さしも斯道しどうの大家である長安も、なんといっても六十なかばだから、彼女が使命を忘れて恍惚こうこつの数瞬に沈み去ったのは笑止の至りだったが、しかしたいていの女人はこの男にこうされて、力ではなく抵抗できなかったに相違ない。 ...
  • 「仙臺の方言」と「土佐の方言」へはそれぞれ斯道の大家の序を頂戴したが、今度の隨筆集の序はどなたに御願ひしようかと出版者に相談した處、御良人がいゝでせうと曰はれました、どうかよろしくとの申出である。 ...