斯道

133 の例文 (0.02 秒)
  • その評判を聞いて斯道しどうの専門家達がはるばる都から観に来たくらいである。 ...
  • 先生は年こそ私よりお若いが、斯道しどうでは文句なく先輩格といってよい。 ...
  • 九華は斯道では大分苦労をしてゐるので、本行と来ては普通の俳優以上。 ...
  • いずれも斯道の訓言であったが、私は今ここに芸談を紹介する余裕がない。 ...
  • 重要な文献を残したことで知られる烏斯道もまた慶元出身であった。 ...
  • 女子の斯道にもこんな大先輩があったらと羨ましく思われる。 ...
  • 心ばかりは、何かと斯道しどうのために尽くしたいものであると思いおる次第であります。 ...
  • 烏斯道は『広輪図』と李汝霖による『声教被化図』の統合を試みている。 ...
  • ちゝ御蔭おかげで、代助は多少斯道このみち好悪こうおてる様になつてゐた。 ...
  • もっとも、後に述べる烏斯道の言からは声教広被図が清濬の地図よりも新しい可能性もある。 ...
  • 斯道しどうをきわめた者だけが、間合の取り方ひとつにも滋味を見出みいだし得るのである。 ...
  • 故人は戦前戦後をつうじて四十年近く、斯道一本にうちこんできた人であった。 ...
  • 明治十六年九月の建立にして、竹本及び斯道の人々の寄付なり。 ...
  • あたかもよし金田一耕助という斯道しどうの天才が来合わせているのである。 ...
  • しかし斯道しどうの人たちは、こんなつまらないことで眉をひそめるような人たちではなく、彼らだけが法院長に口をきいたのである。 ...
  • 製作したのは永年斯道に尽瘁された山本国蔵氏の技による。 ...
  • もっとも、同じことがすでに烏斯道による春草斎集でなされている。 ...
  • そこには甘蠅かんよう老師とて古今を曠しうする斯道の大家がをられる筈。 ...
  • それが全宇宙に照臨し宇宙内を統御する所以は、今まで「斯道」に依ってきた。 ...
  • さすがに斯道しだう達人たつじんとて、積薪せきしんみゝすまして、ひそかにたゝかひ聞居きゝゐたり。 ...
  • まだ童貞で経験のない若者は、斯道に精通したエジプト女の腕と脚の間に抱かれる快楽を、十二分に満喫しました。 ...
  • 九百九十年 にしておわる 浜主 喜兵衛は斯道しどうの研究者であるだけに、浜主の名を知っていた。 ...
  • 尾張おわり連浜主むらじはまぬしはわが朝に初めて笛をひろめた人で斯道の開祖として仰がれている。 ...
  • けれどもかれ斯道このみちにかけてはまつたくの門外漢もんぐわいかんであつた。 ...
  • こう云う風であるから真面目に熱心に斯道しどうの研究をしようと云う考えはなく少しく名が出れば肖像でも画いて黄白こうはくむさぼろうと云うさもしい奴ばかりで、中にたまたま不折のような熱心家はあるが貧乏であるから思うように研究が出来ぬ。 ...
  • そこには甘蠅かんよう老師とて古今ここんむなしゅうする斯道しどうの大家がおられるはず。 ...
  • ふと見ると、可愛いらしく着飾った十三くらいの女の子が、斯道しどうの名手と一緒に踊っている。 ...
  • 別の可能性として、権近の奥付から類推すると、烏斯道の業績を含めていくつかの機会に亘って少しずつ地図が集められたとも考えられる。 ...
  • 次のページ

斯道の使われ方

斯道で始まる単語