斯界

136 の例文 (0.01 秒)
  • きっと優秀な翻訳家になって、斯界しかいでもある種の注目をされることでしょう。 ...
  • 書画なども北大路魯山人ら斯界の第一人者から評価を受けることになる。 ...
  • そういう斯界しかいの権威ともなれば、新種情報はこまかく入ってくるだろう。 ...
  • 斯界しかいの最高権威となったヒルミ夫人は、一昨年ついに結婚生活に入った。 ...
  • これらはみな未出版だが、斯界に取っては貴重な文献である。 ...
  • そして夕陽新聞の古市加十の名は一躍して斯界に轟きわたるのである。 ...
  • そしてわが身には、斯界でも屈指のテクニシャンの愛撫が加えられるのだ。 ...
  • 斯界しかいの大先輩の住む町にうつり住むにあたって、私は挨拶に伺った。 ...
  • さすが斯界の最長老とあって、どの新聞もかなり大きなスペースをさいてその死を伝えた。 ...
  • 全ての新聞俳句選者で最も若い49歳での就任には、斯界の刷新を期待されている。
  • 女義始まって以来の問題で、かなり斯界を騒がせたが。 ...
  • 彼は正しく斯界しかいの権威であると同時に、大恩人でもあった。 ...
  • 足を斯界しかいに投じてまだやつと五年にしかならないのに、世間は俺を一廉の働手にしてしまつた。 ...
  • 三十歳をまだいくらも越していないのに、斯界しかいでは最高の学者の一人として、ひろく知られていた。 ...
  • ひょっとして、この船、斯界しかいでは知る人ぞ知るっていう有名人じゃないの?
  • 能楽研究の分野では膨大な史料を分析的に使う手法と卓抜した創見で斯界に一時代を画した。 ...
  • ことに遺憾なのは先輩にあたる斯界の大家連中の浅薄な臆断である。 ...
  • 私は早晩それを一書に編成する事を期し、ひいてはこれを印刷に附しいささか斯界に貢献したいと願念している。 ...
  • 社会的活動の方面をも怠らず、議院建築問題の際には堂々の筆陣を張って斯界に警鐘を打った事もある。 ...
  • 料理なども少年時代から道楽しておりますが、やはり素人としてしか斯界では許してくれません。 ...
  • それには、この際を期して、斯界に一大革新運動を起こしてかかる要が必死の間題であろうと私は思っている。 ...
  • このジョン・ミルン教授は日本地震学会を創設した斯界しかいの恩人だ。 ...
  • 詩歌懇話会が多少とも斯界に貢献するところがあつたとすれば、これは一に先生の此の意気此の迫力のお蔭と云はねばなりません。 ...
  • この絵は、現存六十翁の斯界の先達が、壮年のころに執筆した大作だつたといふことである。 ...
  • 追放解除の頃には肺結核が悪化、斯界から引退した。 ...
  • アカデミズムでは、自分の論文が斯界の権威ある学術雑誌で引用されていればされているほどその研究者が価値のある存在として扱われるという風習がある。 ...
  • その評論批判は斯界の注目を惹き、古美術に造詣が深く、美術骨董界に貢献した。 ...
  • 山崎直方博士の白馬岳の氷河遺跡に関する講演が斯界に投げられた種となったのであった。 ...
  • 次のページ