断食

1,577 の例文 (0.04 秒)
  • 貴族は断食日には肉を食べないようにしていたが、立派な食事を取った。 ...
  • 注目すべきなのは彼女がその異常な断食状態と戦っていたということだ。 ...
  • 断食はあの人の奇態な病気の結果であって原因ではなかったと思います。 ...
  • こうした断食はイスラム教の信仰の中でも最重要なもののひとつである。 ...
  • どうかこの方の一年中の断食の御利益ごりやくが、私の頭の上に戻りますように。 ...
  • 映画を観るために三、四日断食したおもいでも持っていたくらいだから。 ...
  • 断食する自分の能力にとって彼はどんな限界も感じていないのだった。 ...
  • 和崎さんの経験によると、昼間の断食は、それほど苦痛ではないそうだ。 ...
  • しかし両親がサラの断食を信じていたのは間違いないとする意見も多かった。 ...
  • 五日程度の不眠や断食の状態でも活動できるような体力が要求された。 ...
  • ましてや断食者を前にして周りの人々が聖性を感じただろうとは想像できない。 ...
  • 他の多くの敬虔けいけんな清教徒たちの習慣のように、彼も断食を習慣としていた。 ...
  • そこで、断食だんじきしていた男のような貪欲どんよくさで根掘り葉掘りたずねはじめた。 ...
  • 澤地さんが断食をしているようだが、今回の執行と関係があるのだろうか。
  • それは、雲も風もない春の日中に、断食をして行なわねばなりません。
  • この断食は道徳的に完全な状態で死亡することを目的としている。 ...
  • 断食あけの祭には、この地の王ヤナンジ・ベクの居城でご馳走になった。 ...
  • それでも一世紀の末頃には水曜日と金曜日の断食が定着していたようだ。 ...
  • 修行のための断食と言うよりは、死を覚悟してのものだったらしい。 ...
  • この肉と果実のいくばくかでかれは、長いあいだの断食におさらばした。 ...
  • ラビが断食や祈祷などの神聖な儀式を行った後、土をこねて人形を作る。 ...
  • 自分で意識的に一週間前から断食状態にもっていったのだ。 ...
  • これをしっかり食べて、翌日一日の断食に耐えなければならない。 ...
  • 本格的な断食ではなくとも、午前中のみの断食でも効果があるとする。 ...
  • 俳優の一人が四十八日間の断食を宣言して、これを見世物にしたのだ。 ...
  • 食事は断つものの、「水か茶なら飲んでも構わない」とする断食もある。 ...
  • だれかに断食の術のことを説明しようとしてみるがよい! ...
  • 我々も悪魔と問答をするためにはなんらかの断食を必要としている。 ...
  • 次のページ