文盲撲滅

15 の例文 (0.00 秒)
  • 伸子は、自分が文盲撲滅協会の出版物ばかり読んでいることを話した。 ...
  • 一つの村に赤旗が翻ると、もうそこには、村のクラブと文盲撲滅の学校が出来た。 ...
  • その下に二四六三七万ルーブリと五ヵ年計画が支出する文盲撲滅費を書き出したもの。 ...
  • ソヴェト市民は一九一七年以来文盲撲滅を努力的に行って、もとはインド、中国と並んでいた文盲のロシア人民を、啓発してきた。 ...
  • 区の「コムソモールの家」に文盲撲滅の講習会が開かれている。 ...
  • 五ヵ年計画は農村に三十万台のトラクターを、工場へ二百二十億キロワット時の電力を増大するとともに、文盲撲滅費二億四千六百三十万留を算出している。 ...
  • 革命前に於けるロシアの一般勤労婦人の状態は、目下の日本同然ひどいものでしたが、ソヴェト政府が樹立されてから、先ず生産において地位が向上し、徹底的に文盲撲滅運動がやられたので、間もなく、プロレタリア婦人の中からも続々と通信員が出、文学活動に進出する者が出て居ります。 ...
  • そこで、ピョートルは、ルバーシカの下に汗をびっしょりかいて、村の文盲撲滅の講習会へ出かけるということになる。 ...
  • 工場クラブの文盲撲滅学校でやっと二年前に字を書くことを覚えた四十五歳の織物女工が、代表に選ばれてピオニェールの野営見学に出かけ、その報告を工場新聞に書くほど、飛躍的に一般婦人勤労者の文化水準は高まったのだ。 ...
  • ロシア、中国、朝鮮の人民が文盲撲滅の第一頁においてソヴェト権力、抗戦救国、民族独立の文字を知らされてゆくのとはひじょうにちがいます。 ...
  • ところが、文盲撲滅の文化運動は、社会主義社会に生きる勤労者からの自発的な要求で、急テンポに進んだ。 ...
  • 五ヵ年計画は、勤労階級の文化向上のため、文盲撲滅費、住居増築費、学校・病院・托児所増設、食堂の増設、ラジオ・キネマ配布網の拡大費等に莫大な基金を予定している。 ...
  • 「十月」は、翻る赤旗とともに、すべてこういうプロレタリア、農民への重石をはねのけ、猛然と文盲撲滅をはじめた。 ...
  • 文盲撲滅の講習会。 ...