文盲

全て 名詞
323 の例文 (0.01 秒)
  • だから奥ノ院では、自分の名前も書けないような文盲もんもうの女も珍しくない。 ...
  • 乱雑に書かれており、これを書いた労働者が文盲であった可能性を示唆する。
  • だから文盲と知りながらもはじめて書く努力をしてみようと思いきめたのだった。 ...
  • その後、ドイツに出稼ぎに行こうとしたが文盲のためその意図を果たせず。 ...
  • オランダは文盲率の低さで世界一、また平均寿命の長さも世界一である。 ...
  • 文盲だった彼女はその金を用いて彼女は学校を作った。 ...
  • 元盛は武将としての力量はあったが教養が無く、文盲であったという。 ...
  • 老人は文盲なのに、読めるふりをしてその手紙をあけて見ている。 ...
  • 既に一九二八年には百三十六万五千余人が、完全に文盲をすてた。 ...
  • 他にも当人が文盲である場合、意思を伝えるために代筆を依頼する例はある。 ...
  • その不幸な男はまったく文盲でもなくまったく無知でもなかった。 ...
  • その多くは文盲だったので、農園主の計算時にはうまく利用されることが多かった。 ...
  • 石川は、逮捕当時は文盲あるいはそれに近い状態だったと支援者から言われている。 ...
  • そのため成人になっても小学生レベルの日本語の識字ができない文盲だった。 ...
  • 実にもうこんな場合の無智文盲の始末の悪さと来たらおはなしになりません。
  • 文盲の人があつて「得しむ」と云ふ語を知らないで「得せしむ」と書く。 ...
  • それでも、一九二六年には五千七十七万千九百九十七人という尨大な文盲群がソヴェト同盟にあった。 ...
  • 次へ