文献解題

7 の例文 (0.00 秒)
  • 日本の野球史研究の先駆者で、明治・大正期の野球書を長年収集して『日本野球文献解題』を私家版で作成し、日本に野球が伝来した時期について「明治5年説」を提唱した。 ...
  • 安部公房とも親交が深く、1956年に初めて出会って以来、著作年譜執筆を依頼されて文学全集・文庫などの年譜や文献解題作成に携わった。
  • 従って前半の「五山記考異」と後半の「附住持籍」の作成年代は異なると思われており、『鎌倉市史・寺社編』は「五山記考異」の成立年代を戦国時代天文年間頃とみており、『日本史文献解題辞典』は後半を江戸時代初期とみている。 ...
  • 文献目録としては、鏡味明克、楠原佑介、櫻井澄夫編の『地名関係文献解題事典』がある。 ...
  • 「その典拠」とはゲルク文献や情報提供者の説で、上記『仏教文庫』に含まれるヴォストリコフ『チベット歴史文献』はゲルク説からの文献解題書に他ならず、取り扱いに注意を要する。 ...
  • 論文は「論説」・「展望」・「研究ノート」・「文献解題」に分かれ、年に1度「学界展望」を掲載している。 ...