敷設船

全て 名詞
19 の例文 (0.00 秒)
  • 敷設船が造られる前は、グレート・イースタン号のように、他の目的で造られた船を改造して使用していた。 ...
  • 敷設船法のうち、荒川河口に近い約2100メートル部分は水深が浅いため小型の船を使用した。 ...
  • 遺体はケーブル敷設船マッケイ=ベネット号によって回収された。
  • 造船後は大西洋航路へ就航したものの、速度の問題や処女航海時に事故で機関士が6人死亡したなどの事故などが発生し、結果的に客船としては失敗に終わり、海底ケーブルの敷設船として使われた。 ...
  • 起工直後の5月17日に敷設船が制定される。 ...
  • 翌六日の午前四時、ふたたび月が天竺山に隠れるのを待って威海衛いかいえい港へ潜入した水雷艇四隻は、敵艦二隻と水雷敷設船一隻に魚雷七発を撃ちこんで七時半に帰投してきた。 ...
  • それまでの潜水作業は可動式の石油掘削プラットフォームやパイプ敷設船、クレーン艀などから実施されていた。 ...
  • 事故の数日後に沈没現場近くを数隻の船が通りかかり、無線通信によってタイタニック号の乗員乗客の遺体が漂流している位置を報告し、その情報はケーブル敷設船マッケイ=ベネット号による遺体収容作業に役立った。 ...
  • ナヴラティルの遺体は、遺体捜索用にチャーターされたケーブル敷設船マッケイ=ベネット号によって捜索開始後15番目に発見され、収容された。 ...
  • 敷設作業は、水深や船舶の航行状況に応じて、起点側の約300メートルと終点側の約900メートルを浮遊曳航法で、それ以外の湾央部を敷設船法で実施した。 ...
  • 一方敷設船法は船の上で導管をつなぎ合わせてから海底に沈めていく方式で、新日本製鉄の敷設船「第2くろしお」を用いて袖ケ浦側から1日約300メートル程度の速さで施工していった。 ...
  • ケーブルは高価であり、敷設にもケーブル敷設船など多大な投資を必要とするため、企業が新規に参入するにはハードルが高かった。 ...
  • 津軽海峡横断線の敷設は1本目を大北電信に工事委託したが、2本目は灯台見回り船明治丸を臨時の敷設船に改装して用い、1890年に日本人の手により敷設を成功させた。 ...
  • 敷設されているケーブルの回収に際しては、水中作業ロボットで敷設位置を探し出してケーブルをつかみ、船で引き上げる方法と、ケーブル敷設船が探線アンカーという特殊なアンカーケーブルを繰り出して引きずり、引っ掛けて引き上げるという方法がある。 ...
  • 捕獲後の本船は特設電線敷設船春島丸として1943年7月15日に佐世保鎮守府所管となり、1943年8月15日に連合艦隊南東方面艦隊付属となった後で日本本土へ回航された。 ...
  • 事故発生後、カナダのノヴァスコシア、ハリファックスのホワイト・スター・ライン代理店A・G・ジョーンズ・アンド・カンパニーは遭難者の捜索と遺体収容を目的として、ケーブル敷設船マッケイ=ベネット号を雇いあげた。 ...
  • 一連の攻撃により、建造を中止し長門の横に停泊していた駆逐艦「八重桜」、潜水艦「伊372」、特設電線敷設船「春島丸」、魚雷艇28号が沈没。 ...