敷設船法

3 の例文 (0.00 秒)
  • 敷設船法のうち、荒川河口に近い約2100メートル部分は水深が浅いため小型の船を使用した。 ...
  • 敷設作業は、水深や船舶の航行状況に応じて、起点側の約300メートルと終点側の約900メートルを浮遊曳航法で、それ以外の湾央部を敷設船法で実施した。 ...
  • 一方敷設船法は船の上で導管をつなぎ合わせてから海底に沈めていく方式で、新日本製鉄の敷設船「第2くろしお」を用いて袖ケ浦側から1日約300メートル程度の速さで施工していった。 ...