敷設特許

65 の例文 (0.00 秒)
  • そのため、これと並行する軌道敷設特許を確保するのには、様々な障害を乗り越える必要があった。 ...
  • さらに保有していた軌道敷設特許権について運輸省から再開の意思が無ければ整理するよう勧められたので1957年4月に廃止手続きが完了した。 ...
  • 高岳線はこの時期に建設された路線の一つであり、前年11月15日付で東新町から大曽根までの軌道敷設特許が会社に下りた。 ...
  • 線路敷が個人の所有地内を通っていたことなどもあり、軌道敷設特許が1936年12月5日に取り消しとなった。 ...
  • 武蔵中央電気鉄道は八王子電気鉄道から軌道の敷設特許を譲り受けている。 ...
  • これらの計画に基づき、長岡市は1950年4月18日に軌道敷設特許を申請した。 ...
  • 阪神はこれに再対抗し、出屋敷駅 -- 今津駅間の軌道敷設特許申請も提出した。 ...
  • この計画は準備段階で路面電車事業へと発展し、1896年6月3日付で電気軌道の敷設特許が下り、会社名も名古屋電気鉄道へ変更された。 ...
  • 温泉の開発に並行して、輸送機関である札幌温泉電気軌道が設立され、札幌市電電停に隣接した南一條と温泉下とを結ぶ電気軌道の敷設特許を得て、1929年6月末に営業を開始した。 ...
  • 福岡急行電車計画の発端は、1914年までに計画していた軌道線の大部分を建設し終えた九州電気軌道が、福岡県内一円での事業拡大を目指して軌道敷設特許を出願したことにある。 ...
  • また1910年2月には、計画線に重複して北筑軌道が先に取得していた軌道敷設特許を、市が斡旋して福博電気軌道へ譲渡させている。 ...
  • 市はそれに続く新規路線として約58kmに及ぶ軌道敷設特許を取得し、更なる拡張に意欲を示したものの、資金不足により「第2期建設改良工事」と称した建設計画は1930年度で打ち切られ、大半が未開業線として先送りされることになった。 ...
  • なお同区間の軌道敷設特許は名古屋電気鉄道時代の1919年6月7日付で申請、1921年7月29日付で許可されていたものである。 ...
  • もとは1907年に三田町-有馬町間の軌道敷設特許状を有馬電気軌道発起人山脇延吉らが取得していたが実現できなかった。 ...
  • 明治後期より名古屋市内で路面電車を経営していた名古屋電気鉄道では、1920年3月10日付で東郊線の軌道敷設特許を取得した。 ...
  • 市内線を継承した名古屋市では、都市計画に基づく道路計画の策定や新市域での区画整理の進行、人口の増加などを背景として市電路線網の拡張を計画し、全長約58キロメートル・総工費2814万円に及ぶ新路線の建設計画を立て、1928年3月31日付で計20路線についての軌道敷設特許を得た。 ...
  • 東川の有志を中心に設立された東川軌道が1067mm軌間の蒸気軌道として軌道敷設特許を得たが、旭川市内の軌道敷設予定地沿線に人家が多く、将来も増加する見込みとの理由で動力を変更して電気軌道として開業した。 ...
  • 次へ