敷設潜水艦

16 の例文 (0.00 秒)
  • 当初は機雷敷設潜水艦として建造、後に輸送潜水艦として設計変更された。
  • シールは、英海軍の機雷敷設潜水艦であるグランパス級潜水艦の一隻である。 ...
  • カレフ級潜水艦は、エストニア海軍の機雷敷設潜水艦で2隻が建造された。
  • L型は沿岸哨戒用の機雷敷設潜水艦として計画された。 ...
  • L-21は第二次世界大戦時のソ連のL型機雷敷設潜水艦の一隻。 ...
  • 「VIII型」のうち1隻は機雷敷設潜水艦として建造されることとなり、のちにUE型潜水艦の装備をモデルとした機雷敷設装置を組み合わせ1928年に竣工したV-4となる。 ...
  • 昭和15年度の第一潜水戦隊所属の伊70潜水艦から、機雷敷設潜水艦である伊121潜水艦長への転任は事実上の左遷であった。 ...
  • フランス海軍は、敵国の海上通商輸送路を破壊するための沿岸機雷敷設潜水艦として、1925年度計画から通算4年をかけて、このサフィール級潜水艦を建造した。 ...
  • ヘル半島を通過し船団がダンツィヒ湾に出たところ、リクスヘフト岬の南沖数マイルで魚雷を搭載したソ連の機雷敷設潜水艦「L-3」に発見された。 ...
  • V-4は、第一次世界大戦時の巡洋潜水艦タイプUボートU142型の艦体に、機雷敷設潜水艦U117型の機雷敷設機構を組み合わせて折衷したような型の機雷敷設艦として設計され、費用として615万ドルが投じられた。 ...
  • 大型の機雷敷設潜水艦。 ...
  • 小型の機雷敷設潜水艦。 ...
  • L-19は、ソ連海軍所属の機雷敷設潜水艦である。
  • グランパスはイギリス海軍の機雷敷設潜水艦。
  • リュビはフランス海軍の機雷敷設潜水艦。