敷設権

106 の例文 (0.00 秒)
  • 特に力を入れたのは、大韓帝国での鉄道敷設権の獲得であった。 ...
  • 日本は、こうした譲歩の代償として吉林・会寧間鉄道の敷設権を獲得した。 ...
  • 州政府はいわゆる地上設備、つまり路線と線路敷設権を保有する。
  • 粤漢線の敷設権も、こうした中でアメリカに対して供与されていた利権であった。 ...
  • 要求には穀物輸出の禁止や開港場以外の外国商人の進出禁止、鉄道敷設権の禁止なども含んでいた。 ...
  • ドイツはこの地を極東における本拠地とし、鉄道敷設権と鉱山採掘権などを通じ山東半島一帯を勢力下に置いた。 ...
  • 外国資本による建設不認可政策に矛盾せず、かつ実際の敷設権や経営権を日本側が掌握するという日本の利権鉄道が実現することとなった。 ...
  • 現在廃止された多くの路線の鉄道敷設権はCNと連邦政府が所有し、 地方自治体や州政府によって廃線跡として整備された。 ...
  • 小村は、盛京省沿岸の漁業権を要求していたがこれを放棄し、一方では、吉林省では日本以外の国に対して鉄道敷設権を与えないと約束させた。 ...
  • これは満州内の4本の鉄道の敷設権を日本のものとすることを認めさせるものであり、その1本に開原-海龍間が入れられてしまったのである。 ...
  • また1898年には遼東半島方面への鉄道敷設権も獲得、哈爾浜を中心としたT字型の鉄道網整備が計画された。 ...
  • とりわけ、シベリア鉄道の満洲北部敷設権獲得に代表されるロシアの満洲や北中国への進出は激しかった。 ...
  • その後ナコーンシータンマラート県からパッターニー県への鉄道敷設権を落札した。 ...
  • 列強は植民地内のみならず、後進地域の鉄道敷設権を争って獲得していき、自国の民間資本によって建設させていった。 ...
  • ドイツはオスマン帝国の軍事と財政の制度改革に協力し、そのかわりにバグダード鉄道の敷設権と商業上の特権を認められ、帝国内の重要な経済市場に参入した。 ...
  • ロイター利権とは、カスピ海からペルシア湾にいたる鉄道の敷設権である。 ...
  • クロウフォードがティプトンにトロリー線の敷設権を1ドルで売ったことで保存推進者を怒らせることになった。 ...
  • 次へ