敷設巡洋艦

全て 名詞
12 の例文 (0.00 秒)
  • 最大速力20ノット程度ながら敷設巡洋艦や補給艦としての性格を持つ多用途艦である。 ...
  • 敷設巡洋艦として建造されたブルンマー級であるが、その機雷敷設能力が使われることはなかった。
  • 本級からフランス巡洋艦は水上機運用能力を持つようになり、唯一運用能力を持たないのは機雷敷設巡洋艦「プリュトン」くらいである。
  • この頃からフランス巡洋艦は竣工時から水上機運用能力を持つようになり、唯一運用能力を持たないのは機雷敷設巡洋艦「プリュトン」くらいである。 ...
  • プリュトンは、フランス海軍が建造した軽巡洋艦で、フランス海軍では敷設巡洋艦に分類していた。
  • だが、高名のこれら機雷敷設巡洋艦は、四十四ノットは可能というのが大方の信ずるところだったから、士官室は〈職業的嫉妬〉とせせら笑うだけで、機関長にとりあわなかった。 ...
  • スカパ・フローから1941年7月22日にQ部隊が、23日に敷設巡洋艦アドヴェンチャーとP部隊がそれぞれ出撃し、アイスランドのセイデスフィヨルドへ向かった。 ...
  • ドイツ海軍での類別は敷設巡洋艦。 ...
  • ドイツの敷設巡洋艦アルバトロスと小型巡洋艦アウクスブルク、水雷艇3隻が機雷敷設を終えて帰投途中にミハイル・バーヒレフ少将率いるロシアの装甲巡洋艦アドミラル・マカロフ、バヤーン、防護巡洋艦オレーク、ボガトィーリの攻撃受け、アルバトロスは大きな損害を受けてゴットランド島に座礁した。 ...
  • ブルンマーはドイツ海軍の敷設巡洋艦。
  • ブレムゼはドイツ海軍の敷設巡洋艦。