敷設免許申請

16 の例文 (0.00 秒)
  • 河東鉄道創業時は新潟県の十日町まで建設する計画で、実際に鉄道敷設免許申請も行われた。
  • しかし結局1960年3月29日に鉄道敷設免許申請取下げを決定、実を結ぶことはなかった。 ...
  • しかし武蔵境駅で接続する国鉄中央線の混雑をさらに助長するとの判断から鉄道敷設免許申請が取り下げられ、調印した3社の中で唯一多摩ニュータウン延伸が実現しなかった。 ...
  • 三菱重工の主導で、この路線を児島に延伸し、味野を通って宇野駅に到達させる計画として、1940年8月3日に南備鉄道の敷設免許申請が行われていたが、戦局の悪化により三菱重工が計画の中止を決め実現しなかった。 ...
  • そして、同年9月17日に鉄道敷設免許申請を提出し、1913年7月1日付で認可された。
  • しかし、その後も飾磨 - 赤穂間については、鉄道省の計画線と競合しないことから延伸が検討され続け、1936年に再び電鉄飾磨 - 相生間の鉄道敷設免許申請が行われた。 ...
  • その後、昭和初期になって、再び計画は持ち上がり、1926年1月に敷設免許申請がなされた。 ...
  • また旧・名古屋鉄道は起点駅を従来の柳橋から名古屋へ移転し、枇杷島橋付近から地下新線へ切り替えること、愛電は熱田 - 金山間の敷設免許申請を取り下げることなどが両社間で取り決められた。 ...
  • 一方、龍野電気鉄道を建設したのと同じ堀豊彦を中心とするグループは、別の「新宮軽便鉄道」が敷設免許申請を提出し、1913年7月16日に免許された。 ...
  • これに対し小坂鉄道も小坂-毛馬内間の鉄道敷設免許申請をしたため競願となったものの秋田鉄道に1917年4月に免許状が下付された。 ...
  • 街外れにある紀勢本線御坊駅と御坊市街地とを結ぶ目的で、地元有志により1927年11月に鉄道敷設免許申請書を鉄道大臣宛に申請した。 ...
  • こうして幡豆電気鉄道の出願が1927年5月に却下された一方、同年6月には碧海電気鉄道の西尾延長線の敷設免許申請が認可された。 ...
  • 三菱重工業の工場が水島に建設されたため、1942年2月3日に倉敷から水島までの専用鉄道敷設免許申請を行い、同年9月17日に免許が交付され、1943年に専用鉄道が敷設された。 ...
  • 千葉県は、東葛飾郡野田町の醤油醸造業者から舟運に頼るだけの交通の不便さを訴えられたため、1910年8月3日に東葛飾郡千代田村- 野田町間他1線について軽便鉄道敷設免許申請を鉄道省に提出した。 ...
  • 一方、名鉄では南知多の内海まで延伸する知多新線計画が立ち上がり、1966年9月5日には武豊信号所 - 内海間の鉄道敷設免許申請が行われた。 ...