敷設免許

176 の例文 (0.00 秒)
  • 敷設免許の用地取得によるものだったので車両は存在しない。 ...
  • 敷設免許では支線の建設と経路の直線化が規定されていた。 ...
  • 大阪高野鐵道から大阪鐵道の南側を沿うような形で敷設免許を取得していった。 ...
  • その後、他の区間については、資金等の問題から建設には至らず、敷設免許は失効した。 ...
  • また、多野鉄道が新町駅と当町との間に鉄道敷設免許を取得していたが実現する事はなかった。 ...
  • また谷地町から白岩町までの鉄道敷設免許を保有していた。 ...
  • 同社が敷設免許を有していた東京市の上野駅と茨城県の筑波山を結ぶ鉄道路線についても記述する。 ...
  • それはニュルンベルクのバイエルン銀行に一千万マルク以上の貸し付け金を受けて、敷設免許を獲得することであった。 ...
  • 翌1910年4月20日に敷設免許がおり、庵原軌道株式会社が設立。 ...
  • 最初期の計画では伊丹付近の開発を名目に敷設免許を申請したことから、現行よりも北よりの伊丹駅・門戸厄神駅付近を通るルートとなっていた。 ...
  • 同社が保有した敷設免許は1931年4月2日に愛電へ譲渡されたが、着工されることはなかった。 ...
  • この会社は元々、取得した鉄道敷設免許を他社に売却することを目的として設立された投機会社であり、東武鉄道と現在の京成電鉄に売却を申し出て、東京都心への経路確保に苦心していた京成に吸収合併された。 ...
  • いずれも鉄道敷設免許は取得したものの、建設工事に着手することができないまま、免許失効となった。 ...
  • しかし私設鉄道法は敷設免許と会社の存在は一体と考えて会社の設立からかなりの負担を強いていたばかりか、会社経営や鉄道運営に対してこと細かに規定を行い、政府の統制色を強く打ち出した厳しい内容の法律であったため、鉄道国有法による私鉄の買収後、事業者の新規設立を阻害することになった。 ...
  • この八王子 - 大宮間の敷設免許は1927年12月に下付された。 ...
  • 敷設免許が下りたことを受けて、1910年11月21日に会社創立総会が名古屋商工会議所において開催された。 ...
  • また、当区間の廃止日に、工事期限延長の手続きが繰り返し行われていた当駅 - 前郷駅間の敷設免許の申請廃止手続きが取られた。 ...
  • 次へ