数珠屋

16 の例文 (0.00 秒)
  • 数珠屋ではもう先に知らせて来たものがあったと見えて、夕方にお兼が姿をあらわしたことを知っていた。 ...
  • その辺にはお数珠屋じゅずやが並んでいたようです。 ...
  • 数珠屋のお兼ちゃんは見えなくなったそうだ。
  • 小田原の数珠屋へ養子に行ったのもお源の才覚だとか。
  • 数珠屋からは勿論に駈け出して来た。 ...
  • あれこそ初代お江戸小町のなれのはて、数珠屋のお福のかわった姿だ。 ...
  • 数珠屋の二階から、大きな声を出して、近所の人に来てもらい、わたしの体のいましめを解いてもらって駈けつけて来たのです。 ...
  • 数珠屋では娘の死骸を引取って、型の如くに葬式をすませた。 ...
  • 御承知の通り、下谷から浅草へつづいている広徳寺前の大通りは、昔からお寺の多いところでして、それに連れて法衣ころも屋や数珠じゅず屋のたぐいもたくさんありましたが、そのなかに二、三軒の筆屋がありました。 ...
  • ミドリ公園を突っきって丘を一つ越え横町をいくつか過ぎたところに私の勤める数珠屋「カナカナ堂」がある。 ...
  • 元禄九年に数珠屋として創業。 ...
  • 町屋には鋳物いもの師、数珠じゆず屋、藍染あいぞめの紺屋などが軒をならべ、見世棚を出していて、昼には人の往来が絶えない。 ...
  • 保居はその6代目にあたり、数珠屋を廃業し、鴨川儀平とも称し、玄々堂と号を改めて銅版画師に転向した。 ...
  • 「数珠屋町」とするのは誤記。 ...
  • さて、やがて締め切りの日がくると、それらの投票箱をひとつにあつめ、厳重審査の結果ベストテンをえらび、さらにあらためてこのベストテンを柳橋の『亀清』に招待して、佐七をはじめイロハ順の審査員先生お立ち会いのうえで、みごと第一等にえらばれたのが、広徳寺まえの数珠屋の娘で名はお福。 ...