数珠子

全て 名詞
5 の例文 (0.00 秒)
  • 父はあまり遠くない蘆の中で、カンテラを燃して数珠子釣りをやっている。 ...
  • しかし、数珠子掛けでは、その遊びをしているうちに、魚がはずれてしまうことがありそうである。 ...
  • 「もう少し先へ行くと、鉤を使わねえ釣りのことも出ているぜえ」 其角が、本をめくっていくと、 「そこだ、そこに数珠子じゅずこ掛けってえのがあるだろう」 朝湖が言った。 ...
  • 「わたしの、弥太夫鉤に、返しをつけぬのも、数珠子掛けを見たからかもしれぬ」 弥太夫は、鉄砲洲の方角に眼をやった。
  • 「自分の釣りの好みがわかったというだけでも、数珠子掛けを試した甲斐かいがありました」 「しかし、その投竿翁殿、なかなか、数寄すき心のある名でござりますな」 言ったのは、兼松伴太夫である。 ...