数珠丸

全て 名詞
14 の例文 (0.00 秒)
  • 一剣、数珠丸じゅずまるを背負って、やみのなかの街道を京にむかって駈けた。 ...
  • 数珠丸は、鎌倉時代に作られたとされる日本刀である。 ...
  • 数珠丸とされている刀剣は、1922年4月13日付で、当時の国宝に指定された。 ...
  • 夜盗か、と思い、庄九郎はかたわらの数珠丸の一刀に手をのばしてわきへ寄せた。 ...
  • 刀身の美しさに魅せられた日蓮は、柄に数珠を巻いて破邪顕正の太刀として、佩刀としていたところから「数珠丸」という名前が付いたとされる。 ...
  • 夢中で、数珠丸をあげた。 ...
  • 日蓮の没後、数珠丸は身延山久遠寺に持ち込まれ、日蓮の遺品のうち袈裟と中啓と数珠丸を合わせて三遺品と称された遺品たちと寺で厳重に保管されていた。 ...
  • 一寸いっすん、の差で庄九郎は身をかわし、二の太刀を、数珠丸のさやごとで受け、受けたまま抜いて鞘をすて、同時にとびのいた。 ...
  • 火ノ丸は初日は死闘の末に大典太に勝ったものの、精神的な乱れは益々酷くなっていき、2日目の刃皇・3日目の数珠丸と連敗するが、礼奈の尽力などで立ち直ろうとはかり、難敵と対戦しながらも兄弟子である冴ノ山の大関取りと優勝を援護する為に2敗を維持して場所の中盤に向かう。 ...
  • プロ入りした潮は「鬼丸」の四股名を名乗り、1年余りで幕内に上がるも数珠丸との取組で右腕に重傷を負う。 ...
  • 享保名物帳によると数珠丸の拵えは、「光甫物数寄の拵、蓮華の紋にして、四分一すりはがし也」と記されているが、この太刀は別の拵えである。 ...
  • 童子切・鬼丸・三日月・大典太・数珠丸の5振を指す。 ...
  • 鬼丸国綱、童子切、大典太、三日月宗近、数珠丸の5本の剣からなる「天下五剣」をかけて、各地では剣取り御前試合が行われていた。 ...