数珠丸恒次

全て 名詞
8 の例文 (0.00 秒)
  • 長年行方不明になっていた数珠丸恒次を再発見した人物として知られる。 ...
  • 「杉原日本刀学研究所」設立と同年には、華族の競売品の一つとして出品されていた数珠丸恒次を偶然にも発見する。 ...
  • 天下五剣の一振り数珠丸恒次の主である兄・小太郎に憧れる小次郎自身もまた、みやこ屋において巫剣使いを目指していた。 ...
  • しかし同じ『新・日本名刀100選』の別のページでは、大典太光世・鬼丸国綱・数珠丸恒次・三日月宗近・童子切安綱を天下五剣と称せられた程の名刀であると、鬼丸国綱を含めた天下五剣を示しており、同一書籍内で矛盾する記述が見受けられる。 ...
  • 庄九郎が、「日蓮上人にちれんしょうにん護持の御太刀」と称している数珠丸恒次じゅずまるつねつぐ二尺七寸、常人にはあつかいかねるほどのながいものである。 ...
  • なお、佐藤寒山は、『日本の刀剣』や『新・日本名刀100選』のあるページの中で、「室町時代天下五剣とは、童子切安綱、大典太光世、三日月宗近、数珠丸恒次、一期一振吉光のことである」と鬼丸国綱を外した記述を残している。 ...
  • 庄九郎の数珠丸恒次が鞘走さやばしった。 ...