数珠を首

12 の例文 (0.00 秒)
  • また、師の轟鉄を殺害して奪ったとされる巨大な数珠を首に掛けている。 ...
  • そしてその老婆は粗末な毛織物を着て、無数の玉のついた数珠を首にかけております。
  • 慶次郎は例の黒具足に猩々緋しょうじょうひの陣羽織、金の数珠じゅすを首にかけかぶとはかぶっていない。 ...
  • 服を着る場合は、俗世を放棄したことを示す枯葉色の衣服を身につけて数珠を首に巻く。 ...
  • そして、長い数珠を首に提げた「伯母おば」なる人物を連れてきた。 ...
  • グル・ナーナクは数珠を首にかけ、頭にターバンを巻きヒンドゥー教とイスラーム教の両方の身なりをしていた。 ...
  • 宦官はすぐに命令を果たして、ほどなく、たいそう厚い面衣ヴエールで顔を蔽い、胸の下までも垂れている、非常に大きな三巻きの数珠を首に巻きつけた、老聖女を連れて、帰ってきました。 ...
  • 裸馬に乗せられたくまは観衆の期待に応えるように、白無垢の襦袢と中着の上に当時非常に高価であった黄八丈の小袖を重ね、水晶の数珠を首に掛けた華やかな姿で、静かに経を唱えて落ち着いた様子であったという。 ...
  • 大きな数珠じゅずを首にかけ、ふちがほつれて幾重にもずれている網代傘あじろがさをかかえていた。 ...
  • 慶次郎のこの日のいでたち、黒具足に猩々緋しょうじょうひの陣羽織、金の数珠じゅすを首にかけ、松風にも金の兜巾ときんをかぶらせていたと云う。 ...
  • 宋江が身ごしらえを固め、武器をとりそろえると、武松も武松で、きたときと同じように行者の衣を着つけ、鉄の鉢巻をしめ、頭蓋骨の数珠を首にかけ、戒刀を二本腰にぶちこみ、包みをこしらえて腰にくくりつけた。 ...