数珠を持ち

18 の例文 (0.00 秒)
  • 衆僧は、手に剣形の板と数珠を持ち、それを振って打ち鳴らすのである。 ...
  • 手錠をかけられた手に数珠を持ちながら、両側に看視兵に挟まれて行く。 ...
  • また楕円形の中に手に数珠を持った女人坐像もあり、蓮花は特に多い。 ...
  • その片手には、黒い数珠じゅずを持っているだけであった。 ...
  • 牢名主は白い脚絆と紙の数珠を持ち、みずからの口へ包み金を投げ込んだ。 ...
  • そのあたりの商家の番頭がみていると五人の男はいずれも紋付袴で、手に数珠を持っている。 ...
  • そして数珠を持ち、くるりとご本尊の方へ向き直り、経を唱えてくれたのであります。 ...
  • 衣の裾のすぼけた貧相なようすで数珠を持って立っている、黄檗山時代の写真が残っている。 ...
  • 舞子は数珠じゆずを持って両手を合わせていた。 ...
  • もう一面では手のひらを交差させ、数珠を持っている。 ...
  • しかし、数珠を持って被告を訊問したのは認めている。 ...
  • 数珠じゆずを持った手を胸で組んで、海へ向って、祈っている。 ...
  • 私は数珠を持ち念仏を唱えていた。 ...
  • でも、数珠じゆずを持ってまぶたを伏せた永春さんが、私にはお母さんに伝言を頼まれてきた天国の使いの人に見えた。 ...
  • 数珠を持った左手を飛丸に向けて突き出し、独鈷どつこを持った右手を胸元に引き付けている。 ...
  • だがむろん於継は夫を迎えにきたのではなく、つむぎの紋服に朱房しゅぶさ数珠じゅずを持ち、焼香の客の群れの中に立っていた。 ...
  • 柄香炉を前に置いて数珠を持ち、本来は立てた状態で着用するはずの襟立衣の襟の部分が顔に垂れ下がり鼻かくちばしのようになった妖怪として描かれている。 ...