数珠を手

26 の例文 (0.00 秒)
  • 顔をあげた亮子は何もなかったように祭壇に向き直り、数珠を手にかけ直した。 ...
  • 帯は仮なように結び、袖口そでぐちに引き入れて見せない用意をしながら数珠じゅずを手へ掛けていた。 ...
  • 住職がお経を唱え始めて、みんなが数珠を手に持った。 ...
  • 上の肖像画では数珠を手にしており、棄教後の姿とも取れるが、いずれも確証は無い。 ...
  • 護摩堂に隣接して桟敷さじき席が設けられ、五十人を越す信者たちが数珠を手に座っている。 ...
  • 異変に気づいた天道が、首に掛けていた数珠じゆずを手に取り、なつみに向かって振りかざした。 ...
  • A女は数珠を手にして、祭壇の前にぴたりと端坐しました。 ...
  • まず、床に宝剣を置き、それから数珠を手にして、なんと! ...
  • 兄の通之進みちのしんは紋服に数珠を手にした恰好で居間にいた。 ...
  • あの事件以来私は数珠を手離せない。 ...
  • 大石法夫氏の光基地時代の教官は哲学者の上山春平氏であったが、訓練中数珠を手に巻いていたという。 ...
  • 叔母さんは一切頓着なく、つかつかと仏間へやって行き、数珠を手にかけて、御経をあげた。 ...
  • 「間もなく、偉いお坊さんが堂入りが終わって出て来られるんや」 数珠を手にした信者が教えてくれた。 ...
  • 行事内容は小学生ほどの男子が数珠を手に「ナイダー ナイダー」と唱え村回りをするというものである。 ...
  • それはさみしいところで、波の音がしょっちゅう聞えていて、そこの河原で村の女たちは、長い長いお数珠じゆずを手に持って、輪になってお念仏をとなえながら、ぐるぐる廻るの。 ...
  • この老婆は、いつも数珠を手に贖宥しよくゆうのミサには欠かさずにまいりましたし、口に出すことと言えば教皇のことや、聖フランチェスコの傷痕のことばかりで、ほとんど全部の人々から聖女だと考えられていました。 ...
  • 数珠じゆずを手に、思わずお題目を唱える老婆もいた。 ...
  • 次へ