散華する

30 の例文 (0.01 秒)
  • 終わりが近いのか、煙で白く濁った空には次々と大輪が散華していく。
  • つまり、自分もまた人間魚雷となって散華しなければならないのだ。 ...
  • この一瞬、緻密に構築されていた世界が瓦解し散華するときのカタルシス。 ...
  • 彼らは次期皇妃を救うために散華さんげしたのであって、それ以外のためではない。 ...
  • 液体はいまだ生温かさを保っており、散華した生命の残り香を感じさせた。 ...
  • アスターテ星域において散華した一五〇万の英霊を慰めるためである。 ...
  • いつかどこかの空で炎を噴き上げ散華さんげするとき、僕の辿たどってきた道を後悔しないで済むのではないだろうか。 ...
  • 結論を言えば、万朶隊以下フィリピンで二百五十一人が散華している。 ...
  • 彼がそれから神風特別攻撃隊員として散華するまでの一年半を、どのように過ごしたかは想像に難くない。
  • 生命が散華するときに燃え上がらせる、あの美しい炎だ。 ...
  • そして彼はみずから死を選ぶことによって、戦争に散華した仲間と同じ場所をあたえられることを願ったのであろう。 ...
  • 愛機が被弾して帰投不能と判断し、空中で敵機に体当りを敢行して散華したもの。 ...
  • 別のHe111は、機体全体に満遍なく20発もの直撃を受けその場で自ら光の花となって散華した。 ...
  • 当時の社会的風潮、国民感情からして、兵役は男子たるものの義務と考えていたことを理解しないと、国のためと信じて散華した生命は浮かばれない。 ...
  • どうせ散華するだけの命、咲き方に悩み、散り方に迷うのは悪いことじゃないでしょう。 ...
  • 坂上が降旗に託したマフラーは、彼と共に敵空母上空で散華さんげしたのである。 ...
  • だがそれが、戦いの特異な外貌に向けられるばかりで、散華した人たちの心情に、か程まで触れること少ないのはどうしたことであろう。 ...
  • 日本人の血をうけた青年として散華することに肚をきめた太田に、舶来品や英語が思いもかけず艦隊勤務の中にまで追いかけてきたのは、皮肉としか言いようがない。 ...
  • もちろん、海や空で散華した予備学生出身の兵科士官と比べたら、戦死者の数ははるかに少ない。 ...
  • 散華しなければならぬ海軍少尉であった。 ...
  • 特攻隊の若者たちが黙って日本の未来を信じ、散華していったことは疑う余地はないが、彼らだけが内輪で見せた素顔はどのようなものであったろうか。 ...
  • しかし、諸君、彼らが散華したのは、個人の生命よりさらに貴重なものが存在するということを、後に残された吾々に教えるためなのだ。 ...
  • ここで無条件降伏をのむと、特攻隊で散華した二千余の英霊に、何といって申しわけをしたらよいのか?
  • が、このときは、意識は虚空こくう散華さんげしてしまったようで、何が行なわれているか、庄九郎が自分に、何を加えているのか、なにもかもわからなかった。 ...
  • かりそめの命を与えられていた小さな光の精霊せいれいはまるで、お辞儀じぎをするように二、三度らめくと形を失い、やみの中に散華さんげしていった。 ...
  • 本来ならば戦争に殉死すべきものであり、たまたま死に損なったとしても、生きて戦後の社会をわが眼で見たことに意味があるのではなく、散華した仲間の代弁者として生き続けることによって、初めてその存在を認められるのである。 ...
  • 体と意識は風に乗り、ふわふわと頼りなく散華する。 ...
  • 橋口勲小隊長も十二時ごろ、頭部を貫通されて散華してしまった。 ...