散華

全て 名詞
161 の例文 (0.01 秒)
  • そこに土田さんは通って〈散華〉の材料を手に入れたという事だった。 ...
  • 終わりが近いのか、煙で白く濁った空には次々と大輪が散華していく。
  • つまり、自分もまた人間魚雷となって散華しなければならないのだ。 ...
  • 「散華」の表現を、若死や戦死の意味で書籍名に使用した例には以下がある。 ...
  • この一瞬、緻密に構築されていた世界が瓦解し散華するときのカタルシス。 ...
  • この語は、仏を右廻りに三度めぐって散華・読経する儀式にも使う。 ...
  • 彼らは次期皇妃を救うために散華さんげしたのであって、それ以外のためではない。 ...
  • 空中には散華や各種の楽器と共に飛天が舞い、極楽浄土の様子が描かれている。 ...
  • 彼がそれから神風特別攻撃隊員として散華するまでの一年半を、どのように過ごしたかは想像に難くない。
  • 棟方の『板散華』の解説をしている小説家長部日出雄は次のように書いている。 ...
  • 命中して一家散華すれば、これ仏の慈悲だと思うのである。 ...
  • そして彼はみずから死を選ぶことによって、戦争に散華した仲間と同じ場所をあたえられることを願ったのであろう。 ...
  • 液体はいまだ生温かさを保っており、散華した生命の残り香を感じさせた。 ...
  • 坂上が降旗に託したマフラーは、彼と共に敵空母上空で散華さんげしたのである。 ...
  • このため、散華家ではメイドが当主の嫁候補としての暗黙の了解をもって雇われていた。 ...
  • いつかどこかの空で炎を噴き上げ散華さんげするとき、僕の辿たどってきた道を後悔しないで済むのではないだろうか。 ...
  • それより少なくとも二年早く生れていれば、戦争のために散華する可能性を、かなりの確率で期待することが出来た。 ...
  • 次へ