教唆犯

全て 名詞
28 の例文 (0.00 秒)
  • 教唆犯とは、ある者を唆せて、犯罪を決意させ実行させる犯罪である。 ...
  • 医者を無罪とせず38条2項により教唆犯を認めるのが通説である。 ...
  • 法定刑に拘留・科料しかないことから、幇助犯・教唆犯は処罰されない。 ...
  • また、教唆に当たる行為のうち、結集罪が成立するものについては教唆犯は成立しない。 ...
  • しかし、この先生はその教唆犯人なんだよ。 ...
  • 殺意は、被害者と話し合っている間に固まったと自供しているのであるから、教唆犯の成立は難しい。 ...
  • ある者が共同正犯や教唆犯や従犯の要件を満たしていても、その者についてはさらに違法性・責任の検討を要する。 ...
  • 一方、不成立説の根拠の主たるものは、正犯として行った場合が不可罰だから、それより軽い教唆犯として行った場合は当然に不成立だというものである。 ...
  • 教唆犯に類似するが、被煽動者が決意を有するに至ったことを必要とせず、煽動行為があればただちに処罰可能な独立共犯である点で異なる。 ...
  • 以上は、1人で犯罪を行った「単独正犯」についての説明であるが、複数の者が犯罪に関与した場合として、共同正犯や教唆犯や従犯がある。 ...
  • なお、正犯と共犯の区別が存在しないため、共犯の従属性は問題とならず、被教唆者が犯罪を実行しなかった場合も教唆犯は成立する。 ...
  • 日本では殺し屋に殺人を依頼し、殺し屋が殺人の実行行為に着手すれば、依頼主は殺人の教唆犯として扱われ、刑法に基づいて処罰される。 ...
  • 実際、法定刑の上では共同正犯でも教唆犯でも扱いには変更はないが、裁判実務上の量刑感覚においては従たる立場である教唆犯より正犯である共同正犯の方が重くなるのが通例であるといわれる。 ...
  • また8月の焼身自殺事件で、抗議自殺した僧侶と一緒にいた僧侶は、自殺をそそのかしたとして教唆犯罪を問われ、懲役13年の判決を受けた。 ...
  • また依頼人も共謀共同正犯又は教唆犯として処罰される。 ...
  • なお、本令第4条において、本令に規定のある違反行為の教唆犯及び幇助犯も罰せられるが、情状により刑を免除することができると定められている。
  • ただし、第二譲受人が背信的悪意者に該当するときは、もはや保護すべき理由はなく、横領罪の共同正犯または教唆犯が成立しうると解されている。 ...
  • 次へ