播種性血管内凝固症候群

全て 名詞
27 の例文 (0.00 秒)
  • 軍事医療においては、穿通性外傷による出血と関係した播種性血管内凝固症候群に関連する合併症に対し適応外での利用が行われている。 ...
  • 重症例では脳出血・急性腎不全・播種性血管内凝固症候群などを引き起こす。 ...
  • 血小板製剤は、血小板減少症によって活動性出血が生じているときや、大量に輸血するとき、播種性血管内凝固症候群に陥り血小板数が急激に減少したとき、悪性腫瘍やその治療が原因で血小板数が減少しているときなどに用いられる。 ...
  • 本症の合併症として、播種性血管内凝固症候群による脳梗塞、各種臓器の梗塞、凝固障害などが指摘されているからである。 ...
  • 播種性血管内凝固症候群 も、凝固系と線溶系の酵素活性のバランスが崩れた状態といえる。 ...
  • 細菌・ウイルス・真菌感染症の全身に波及したもので、非常に重篤な状態であり、無治療ではショック、播種性血管内凝固症候群、多臓器不全などから死に至る。 ...
  • これにより、急性腎不全・ショック・呼吸不全・播種性血管内凝固症候群などの合併症が発症する。 ...
  • アンチトロンビン値とプラスミノーゲン値の異常低下を経て、播種性血管内凝固症候群や臓器不全に進展する。 ...
  • 妊娠を終了させない限り、急激に肝不全、腎不全、播種性血管内凝固症候群等を起こし、母児共に致死的転機を生じる危険性が高い。 ...
  • また脱水に対する点滴や、鎮痛剤及びビタミン剤の投与、播種性血管内凝固症候群に対する抗凝固薬等の投与が行われている。 ...
  • 重症例では劇症の敗血症や髄膜炎を引き起こし、播種性血管内凝固症候群や、敗血性ショック、多臓器不全に進行して死に至る事がある。 ...
  • 重篤な合併症の例としては血球貪食症候群、急性呼吸窮迫症候群、播種性血管内凝固症候群などがあるが、中枢神経症状を主体とする合併症をウイルス性急性脳症と呼ぶ。 ...
  • 溶血により、急性腎不全・ショック・急性呼吸不全・播種性血管内凝固症候群などの様々な合併症が引き起こされる。 ...
  • 発熱や下痢による脱水症状に対する点滴や、鎮痛剤及びビタミン剤の投与、播種性血管内凝固症候群に対する抗凝固薬等の投与が行われる。 ...
  • また、播種性血管内凝固症候群の病態解析、検査、診断、治療についての研究や、成人T細胞白血病の発症高危険群の同定や、成人T細胞白血病に由来する低血糖惹起活性物質の同定などにも取り組んだ。 ...
  • また、血小板を多量に消費する疾患として、播種性血管内凝固症候群、血栓性血小板減少性紫斑病、溶血性尿毒症症候群がある。 ...
  • その結果サイトカインが働き炎症性メディエーターが放出される事によって血圧低下、播種性血管内凝固症候群、血管透過性亢進、好中球や血液凝固因子の活性化、多臓器不全などの重篤なショック症状が生じる。 ...
  • 次へ