揃いの法被

17 の例文 (0.00 秒)
  • そばにそろいの法被はつぴを着て中間が控えている。 ...
  • こんなの恥ずかしいから嫌だどころか、まるで野球ファンがお揃いの法被を着て団結するような感じだった。 ...
  • 明治22年に、奈良県秋津村の新道開削のために地元の信者数百人が揃いの法被を着用したのがはじまりとされている。 ...
  • 有志団体にはさまざまなものがあり、職場仲間であったり、行きつけの飲食店に集う仲間など、約10団体ほどで、同様に揃いの法被などを着用している。 ...
  • 曳き手はかつて町内の人が曳いていたが、大正の頃より近郊のだいたい決まった町の人達が、各町揃いの法被を羽織い曳く。 ...
  • 各地区の若衆は、ねじり鉢巻に揃いの法被にさらしを巻き、各地区ごとに色が決まっているパンツをはき、足には地下足袋を履く。 ...
  • もとより、太夫元たる五姓田は揃いの法被はつぴなどを用意した。 ...
  • 常はその限り無き富を以て、金力を以て、うらやまれ、敬慕せられ、殆ど世界を支配するほどの威勢の有った身が、自分のお仕せに生活するそろいの法被はっぴの下男達と共々に、倒れた建物の隅や、自分の家の穴倉の中や、自分の銀行の倉庫などへ混多こんたになって蝟集した。 ...
  • 坂の街の家の軒下には松飾りが挿され、朝方より獅子舞、神輿、そして6基の曳山が曳山囃子を演奏しながら若者達が各町揃いの法被を羽織って厳かに渡御する。 ...
  • 生国魂神社の夏祭には、良家のぼんぼん並みに御輿かつぎの揃いの法被もこしらえて呉れた。 ...
  • ちょうさとは、太鼓台となる山車のことで、揃いの法被でちょうさを担ぎ、太鼓を鳴らしながら各地区を練り歩く。 ...
  • thumb|日本土木会社の揃いの法被を着た職人たち。 ...
  • 交替式では、前年度世話人の退任式に続いて新年度世話人の新任式が行われ、14人の新年度世話人に揃いの法被や祭りの衣装などが手渡される。 ...
  • 午前9時に下大久保八幡宮にて児童たちが奉納踊りを行なったあと、揃いの法被を羽織った若者達によって曳かれる曳山を伴い、午前10時20分ごろ上大久保天満宮へ向かう。 ...
  • 巡行は、氏子6町が組ごとに揃いの法被をまとって各々の屋台とともに各組の南村境に集い、三河内発祥の地とされる梅谷の大幟を先頭に、神楽が先行し、幟、笠鋒、神官、供奉の人々、屋台の順番で行う。 ...
  • そろいの法被はっぴ鉢巻姿はちまきすがた ...