指名重複

16 の例文 (0.00 秒)
  • は逆指名、 は指名重複、矢印の向きはウェーバー制の指名順を示す。 ...
  • ドラフト会議ではこれまでのところ、指名重複した場合の抽選でくじ運に恵まれていない。 ...
  • 指名重複による抽選でヤクルトが独占交渉権を獲得したため、奥川は交渉の末にヤクルトへ入団している。 ...
  • あくまで戦力均衡が目的であるため完全ウェーバー制を採用しており、指名重複や自由獲得枠といった規定はない。 ...
  • 清原和博の指名重複に伴う抽選で独占交渉権を逃した末の単独再指名であったが、推定年俸360万円という条件で入団した。
  • 阪神は中田、横浜は佐藤への独占交渉権を指名重複による抽選で逃していたが、高濱への再指名でも重複。
  • 他球団との指名重複による抽選が相次いだドラフト会議の1巡目では、2回目に指名した辰己涼介への独占交渉権を4球団競合の末に獲得。 ...
  • 両球団とも清宮幸太郎と安田尚憲を1巡目で指名しながら他球団との指名重複による抽選で独占交渉権を逃しており、3回目の抽選に臨んだ結果、阪神が馬場との独占交渉権を獲得した。
  • 同球団では、この会議の1巡目で、大石達也、伊志嶺翔大、山田哲人を相次いで指名したが、いずれも他球団との指名重複による抽選で独占交渉権を逃していた。 ...
  • は、指名重複を示す。 ...
  • もっとも、佐藤輝明への独占交渉権を4球団の指名重複による抽選で引き当てた同年のドラフト会議には、赤色のパンツを履くなどの験を担かずに「自然体」で臨んでいたという。 ...
  • なお、レギュラーシーズン終盤の10月26日に開かれたドラフト会議の1巡目では、早稲田大学の左投手・早川隆久に対する独占交渉権を、GMの石井が他の3球団との指名重複の末に抽選で獲得。 ...
  • レギュラーシーズン中の10月26日に開催されたNPBドラフト会議の1巡目では、大学球界屈指のスラッガーである近畿大学の佐藤輝明への独占交渉権を、3球団との指名重複に伴う抽選で自ら引き当てた。 ...
  • 一軍監督として初めて臨んだ10月25日のNPBドラフト会議1巡目では、藤原恭大・辰己涼介への指名重複に伴う抽選で独占交渉権のクジを相次いで外し ながらも、二軍監督時代に大阪ガス硬式野球部との練習試合で対戦した近本光司の指名に漕ぎ着けた。 ...
  • その他、「1巡目のみ、指名重複解消まで抽選」「2巡目以降完全ウェーバー、希望入団枠制度なし」などの指名ルールは前年度より継続。 ...