持病の発作

26 の例文 (0.00 秒)
  • 最初私は祖父の死を、漠然ばくぜんと持病の発作かなんかであろうと思っていた。 ...
  • いよいよ冬の気配が感じられ、それとともに持病の発作もおこってきた。 ...
  • 彼は持病の発作がたびたび起こるのでほとんど白痴のようになってしまった。 ...
  • 九月七日の正午十二時に、ヴィール夫人は持病の発作ほっさのために死んだ。 ...
  • もっと極端な場合には、取り残されたのが、持病の発作を起こしていた人間かも知れない。 ...
  • そうでなくても健康診断を受けにくるくらいの人たちだ、持病の発作にふいに襲われるといった非常事態が起きないとも限らない。 ...
  • 藤木は店の人間に「持病の発作だから」と説明して裏に停めておいた自分の車で麻梨子を運んだ。 ...
  • 持病の発作ほっさが起きたとかなんとか、そんな説明だったが、さらにエドガーの計算外だったのは、この屋敷にはコンスタブルきょうの一行が滞在たいざいするということだった。 ...
  • それは持病の発作が急に起ってきたものらしかった。 ...
  • 将軍家光の持病の発作は、さらに頻繁になり、そのために、その日その日の機嫌が、別人のように変転していた。 ...
  • それがある日、宵の口に、持病の発作でのたうち廻りながら、溝の中で死んだようになっているところを、私たちは見つけたのだった。 ...
  • おそらく、呪われた持病の発作に襲われて、いつもの通り、家人を怯えたり悲しませたりさせないように、まぐさのなかに身を隠していたのであろう。 ...
  • しかし、人工呼吸器を貸し出したためにフィリップス医師は持病の発作で亡くなってしまう。 ...
  • しかも、ベティは持病の発作に苦しんでおり、「もう長く生きられない」と気弱になっていた。 ...
  • そんな折、弟が持病の発作を起こし、保険未加入から薬代を払えないエミリーは薬を盗んでしまい、逮捕されてしまう。 ...
  • はげしい興奮と、懊悩おうのうとに、全精力を使い尽くしてしまった彼が、こうした寒い夜に、持病の発作を起こしたのは当然だった。 ...
  • この間も彼の健康はすぐれず、頭脳は錯乱し、神経は荒廃し、ロシアへの郷愁ははげしくなり、持病の発作も頻繁になった。 ...
  • 次へ