折柄

534 の例文 (0.01 秒)
  • その時は折柄の豪雨であったからたいていの人は見ずにしまったという。 ...
  • 折柄をりからそこへ来合はせたのは一人の紳士で、伍廷芳とは初めての対面だつた。 ...
  • 折柄、商人のチプリ人は、商品を持ってエルミニアに行っておりました。 ...
  • 折柄おりから柿落葉の時節で宿から南郷街道なんごうかいどうへ出るまではの葉で路が一杯です。 ...
  • 折柄、大川の上には誰が施主になったのか盛んに打上げ花火が上っている。 ...
  • 折柄、まだ警官がいるところに着いたので、いちぶしじゅうを警官に述べた。 ...
  • 何事もなく門まで行ったとき、文四郎は折柄門を入って来た人間と鉢合わせした。 ...
  • 折柄呼鈴ベルが激しく鳴って、書生が二人の紳士を伴って入って来た。 ...
  • 道の両側には、折柄の菊の花売がカンテラの陰で白い花に水を灌いでゐた。 ...
  • 折柄成立した新しい内閣のことなど、まるで話題にもならない。 ...
  • 折柄おりからの雷のシーズンを迎えて、高い櫓にのぼるには、相当の覚悟が必要だった。 ...
  • 三吉はお雪と一緒に自分の家の方で、折柄おりから訪ねて来たお愛を送り出したところであった。 ...
  • 科学的精神が問題になる折柄、通読しても、無駄にはならぬようだ。 ...
  • 折柄の雨は笹子峠に近づくと雪に変ったので、少し驚いた。 ...
  • だが、折柄おりから空に月はあれど夜のことだから、ついにそれを発見することが出来なかったという。 ...
  • では、寒さに向かう折柄、皆さんどうぞお体を大切にしてください。 ...
  • 雨宮氏の黄金船の噂が、パッと世間にひろがったのはそういう折柄だった。 ...
  • さすがのわしも少々持て余した折柄おりからはるかの下界にぴかと光った者がある。 ...
  • 折柄この望楼の柵に拠つて見た樹の間がくれの星空も忘れがたい。 ...
  • 食糧不足の折柄、その間従兄弟の家に厄介になっているわけにはゆかない。 ...
  • 折柄の傾いた赤い日に宙に浮んだ此橋の影を、虹の影の如く川上の瀬に横たへて。 ...
  • 折柄の傾いた赤い日が宙に浮んだ此橋の影を、虹の影の如く川上の瀬に横たへて。 ...
  • これは折柄或印象を与えた。 ...
  • その使は、折柄衣山きぬやまにさらし首があるので、まわり道をして来たといった。 ...
  • 母様かあさんは病気を勤めて、二階へ先生を起しに行って、貴郎あなた、貴郎と云う折柄。 ...
  • 折柄間もなく新穀の出廻でまわり期を控え、相場の動きも顕著であろうと思われる。 ...
  • 折柄二三頭の毛むくじゃらの小馬が、その背に男の子達を乗せて、二人の方へ駆けて来るのが見えた。 ...
  • 諸物価高騰の折柄だが、理髪代の値上がりは最もこたえるものの一つである。 ...
  • 次のページ