打てば響く

全て 名詞
115 の例文 (0.00 秒)
  • けれど彼にしても座談に花を添えたし、陽気で、打てば響くようなところがあった。 ...
  • 「太鼓のように打たれ強く、打てば響く選手に」との願いをこめて三沢が命名した。 ...
  • お元気で、打てば響くように言い返してらしたころの奥さまだったほうがいい。 ...
  • 信長は打てば響くような家臣を好む一方、この手の粗野な武者を面白がる面もあった。 ...
  • 「酒をやめたんじゃよ」 打てば響くように答えたバーノンが、にこりともしないで続けた。 ...
  • あなたと話していると、とても具合がいい、打てば響くというか、適切にして辛辣しんらつな言葉が返ってくる。
  • 疑似電磁投射砲イルギューフ・フェーナ、発射準備完了」打てば響くように報告があがってくる。 ...
  • 打てば響くし、言えばどんどん変わるけど、どこか控え目というか、自分を過小評価してるんじゃないかと思うようなところがありました。
  • 「長助親分がいけないんですよ」 お吉が打てば響くように応じた。 ...
  • 俗に打てば響くと云うのは、恐らくあんな応対おうたいの仕振りの事を指すのでしょう。 ...
  • 文字や絵にとどまらず、映像や音を打てば響くように組み合わせていく、絶好の土俵が誕生したのです。 ...
  • 小百合ちゃんが聞きたかったのもおそらく、この打てば響くさりげない解答だったのであろう。 ...
  • この打てば響く理解力を当たり前のものと思っていると、いつか大きなしっぺ返しを喰らいそうな気がする。 ...
  • 打てば響くような頭の切れるところはあったが、その感受性の強さも、物の考え方の人の意表に出るところも、多分に異常であった。 ...
  • にもかかわらず、多くの人間が、積極的に発言し、打てば響くようにテンポよく議論が進む。 ...
  • 「君にはわからんよ」ポワロは打てば響くように言った。
  • 打てば響くように代官所が出動したのは、単にこれは、一民家の騒動だけではないと見たからであります。 ...
  • 次へ