打てば響くよう

72 の例文 (0.00 秒)
  • けれどもその時分の政治は、打てば響くような政治ではありませんでした。 ...
  • 狂気の血を引く彼女の体質に、打てば響くような共感をも呼んだに違いない。 ...
  • 何か疑問に思うことがあると近くにいる大人に尋ね、彼らは打てば響くように明快な答えを返してくれたからである。 ...
  • そして打てば響くようにびおきて洞窟の中のものに乗れる用意の注意を与えることを忘れませんでした。 ...
  • 新井は木田川が車の中でしやべることに、打てば響くように答えてくれる男だった。 ...
  • 彼女の打てば響くような反応に、男たちは喜んだ。 ...
  • 打てば響くような、自分への反応が返ってこないことを、ようやく彼女は不審に思った。 ...
  • 打てば響くような反応をしめしていた慶子が、沈んだ口調で話すのを聞くのはつらかった。 ...
  • けれど彼にしても座談に花を添えたし、陽気で、打てば響くようなところがあった。 ...
  • お元気で、打てば響くように言い返してらしたころの奥さまだったほうがいい。 ...
  • 信長は打てば響くような家臣を好む一方、この手の粗野な武者を面白がる面もあった。 ...
  • 「酒をやめたんじゃよ」 打てば響くように答えたバーノンが、にこりともしないで続けた。 ...
  • 打てば響くような京都の空気の中で、人々はいずれも伝奏てんそうからの触れ書を読み、所司代がお届けの結果を待った。 ...
  • 疑似電磁投射砲イルギューフ・フェーナ、発射準備完了」打てば響くように報告があがってくる。 ...
  • 「長助親分がいけないんですよ」 お吉が打てば響くように応じた。 ...
  • 文字や絵にとどまらず、映像や音を打てば響くように組み合わせていく、絶好の土俵が誕生したのです。 ...
  • 打てば響くような頭の切れるところはあったが、その感受性の強さも、物の考え方の人の意表に出るところも、多分に異常であった。 ...
  • 次へ