手を焼く

154 の例文 (0.03 秒)
  • 彼はその中で、私が最も手を焼いている十人のうちの一人でもあった。 ...
  • それらの毒が集まって由比正雪になっては、公儀も手を焼くことになる。 ...
  • 食事に手をつけず、外に出て行こうとするジニにスタッフは手を焼く。 ...
  • そのうち私の父が死に、その借金だらけの会社のあとしまつに手を焼いた。 ...
  • あっちへ行ったら、こいつがどんなに力がなくたってあんたは手を焼くよ。 ...
  • 彼女が自分で自分の神経の強張りに、手を焼いている証拠だった。 ...
  • 大の男がふたりがかりなのに、この小柄こがらな少女には手を焼いている様子だ。 ...
  • こいつは厄介な患者でして、おとなしくさせておくのに手を焼きましたね。 ...
  • 寒すぎる地方は冬になると水の確保に手を焼くことになる。 ...
  • 相手は、十一年余も、信長自身ですら手を焼いて来た門徒の本拠である。 ...
  • 今ではしきりと動き回るようになって侍女たちに手を焼かせている。 ...
  • きっと彼の烟突の鉄は焼けていて、手を焼くに相違そういないなどと思った。 ...
  • 手を焼きたがる母親と兄弟および弟の息子を中心に描く。 ...
  • 一日に五十ぺんはおろか、それ以上も、私どもみなに手を焼かせます。 ...
  • 予想外の抵抗に手を焼いた尼子軍は、この方面からの侵攻を諦め撤退した。 ...
  • 始終なにやかやとごたごたを起こしては、村の人たちに手を焼かせていた。 ...
  • あまりの剛直さに手を焼いた幹部や官邸筋は彼を更迭しようとさえしたほどだ。 ...
  • おれの追跡に手を焼いて、何度も裏をかかれたことがあったからだ。 ...
  • 育成時代には人の手を焼かせることはなかったという。
  • 一度だけだが、逃げられて捕まえるのに手を焼いたことがあった。 ...
  • 「金が手を焼くように思いはしませんか」との古藤のいった言葉が妙に耳に残った。
  • 「金が手を焼くように思いはしませんか」との古藤の言った言葉が妙に耳に残った。 ...
  • おふたりさんの憎悪をむきだしにした目つきには、ほとほと手を焼いた。 ...
  • そろそろ隠居して、ぼくらに手を焼かせてもいい頃だと思いますよ。 ...
  • ついに誓願の宝玉を得た兄弟だったが、シルマリルはかれらの手を焼いた。 ...
  • 出来の悪い息子に手を焼く母親のような声で、彼女は言う。
  • おとぼけな性格でカスミは手を焼いているが、大切に思われている。 ...
  • この時、シャトルに乗らず戦おうとするダイノボットに手を焼いていた。 ...
  • 次のページ